全部で60問 挑戦中

【薬学理論】病態

  • メタアナリシス

    20%

※数字(%)は出題頻度

メタアナリシスに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  • (1)

    • データベースで検索された全ての文献を解析に用いる。

    • 複数の研究で示された効果量を統計学的に統合する際は、相乗平均を用いる。

    • 結果を図示する際に、フォレストプロットを用いる。

    • 統計学的に有意な結果を得た研究は掲載されやすいということから生じるバイアスを、出版バイアスという。

    • エビデンスレベルは、無作為化比較試験より低い。

出題頻度について
  • ・出題頻度は出題数÷公開中のテスト数となっています。
  • ・出題頻度が50%なら、テストで2回に1回は出題されることになります。
  • ・出題頻度が100を超える場合は、テストで1回以上必ず出題されることになります。