全部で55問 挑戦中

金融資産運用

問題

金融商品の関連法規

金融商品の販売および取引等に係る関連法規に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  • (1)

    • 金融商品の販売等に関する法律では、金融商品販売業者等の重要事項の説明義務違反により顧客に損害が生じた場合の損害賠償責任および損害額の推定について規定されている。

    • 消費者契約法による消費者の消費者契約の取消権は、消費者が追認をすることができる時から6カ月を経過したとき、あるいは消費者契約の締結時から5年を経過したときに消滅する。

    • 金融商品取引法では、金融商品取引業者等は、金融商品取引行為について、顧客(特定投資家を除く)の知識、経験、財産の状況および金融商品取引契約を締結する目的に照らして不適当な勧誘を行ってはならないとされている。

    • 金融商品取引法では、金融商品取引契約を締結しようとする金融商品取引業者等は、あらかじめ顧客(特定投資家を除く)に契約締結前交付書面を交付しなければならないとされているが、顧客から交付を要しない旨の意思表示があった場合には、金融商品取引業者等に対する書面交付義務は免除される。