全部で10問 挑戦中

章なし

問題

日本とオリンピック

日本とオリンピックとのかかわりに関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

 日本がはじめてオリンピックに参加したのは1912年の第5回ストックホルム大会で、日本選手はわずか2名であった。1920年代になるとⓐ国際連盟や多国間の条約のもとで国際平和がめさされるなか、オリンピックには参加国が増え、内容も充実していった。しだいに日本選手の競技力も高まり、第9回アムステルダム大会(1928年)では、2選手が金メダルを獲得し、初の女性選手である人見絹枝(ひとみ きぬえ)も銀メダルを獲得する活躍をみせたのである。
 こうしたなか、ⓑ関東大震災からの復興を遂げた東京ではオリンピック誘致の気運が高まり、1931年の市会による建議をうけて、オリンピック開催都市に名乗りをあげた。翌年の第10回ロサンゼルス大会に際しては、ⓒ満州事変後の厳しい国際世論のなかにあって、日本は前回の3倍を超える大選手団を送り込み、好成績を収めた。政情不安や不況が続くなか、国民は国際舞台での日本選手の活躍に喝采を送った。
下線部ⓑに関連して、関東大震災後の都市文化に関する図甲・乙に関して述べた下の文X・Yについて、その正誤の組合せとして正しいものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。

X 甲の著者は、プロレタリア文学運動の代表的な作家の一人である。
Y 乙は、新劇の劇団による公演のポスターである。
  • (1)

    • X 正 Y 正

    • X 正 Y 誤

    • X 誤 Y 正

    • X 誤 Y 誤 

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    X 誤り。図中に「川端康成」とある。川端康成はプロレタリア文学ではなく「新感覚派」。
    Y 正しい。