全部で10問 挑戦中

章なし

問題

近世の政治・社会・文化に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

 只野真葛(ただのまくず)(1763〜1825)こと工藤あや子は、江戸詰の仙台藩医工藤平助の長女として、江戸に生まれた。工藤平助は海外情勢に詳しく、ロシアに関する研究書や、林子平の著書『[ ア ]』の序文を書いたことで知られている。
 真葛は、仙台藩士と結婚して仙台に移ったのち、彼女の父母やその一族のことを随筆ⓓ『むかしぱなし』に書き記した。その後、社会の現状を批判した融引を書きあげると、出版を決意し、長編小説『[ イ ]』執筆中の江戸の作家曲亭馬琴(滝沢馬写)に原稿を送った。しかし、馬琴は真葛の論を批判し、出版はかなわなかった。それでも真葛は、男性の活躍が目立つ江戸時代に、社会に対する批判を自分の言葉で表現し、それを社会に向けて主張しようとした女性として、注目される。
 真葛が生きた時代は、ⓔ対外危機が認識され始めた時期であるとともに、国内の政治や社会に対する批判があらわれた時代でもあった。
下線部ⓓに関連して、次の史料に関して述べた下の文a〜dについて、正しいものの組合せを、下の選択肢のうちから一つ選べ。
【史料】
用人(注1)いう、「我が主人(注2)は、富にも禄にも官位にも不足なし。この上の願いには、田沼老中の時、仕置きたる事とて、ながき代(注3)に人のためになる事をしおきたく願うなり。何わざをしたらよからんか」と問い合わせしに、父様(注4)御こたえに、「それはいかにもよき御心付(こころづけ)なり。さあらば、国を広くする工夫よろしかるべし」。
問(注5)「それは、いかがしたる事ぞ」。
答(注6)「それ、蝦夷国は松前より地つづきにて、日本へ世々随い(したがい)居る国なり。これをひらきて、みつぎ物をとる工面をなされかし。日本を広くせしは田沼様のわざとて、永々人の仰ぐべき事よ」。
(只野真葛『むかしぱなし』)

(注1)用人:ここでは田沼意次の家来。
(注2)我が主人:田沼意次。
(注3)ながき代:後世。
(注4)父様:工藤平助。
(注5)問:用人の問い。
(注6)答:工藤平助の答え。

a 田沼の用人は、主人(田沼)は金もうけや地位の上昇にしか関心がないと述べている。
b 田沼の用人は、主人(田沼)は後世に残る仕事をしたいと願っていると述べている。
c 田沼は、工藤の意見をふまえ、蝦夷地開発の可能性を調査するため、最上徳内らを同地に派遣した。
d 田沼は、工藤の意見をふまえ、蝦夷地・松前に近づく外国船を打ち払うよう命じた。
  • (1)

    • a・c

    • a・d

    • b・c

    • b・d

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    a 誤り。史料には「富にも禄にも官位にも不足なし」とある。「金もうけや地位しか関心がない」は誤り。
    b 正しい。
    c 正しい。
    d 誤り。田沼は外国船打払いを命じていない。外国船打払いは田沼のあとの時代のこと。