全部で10問 挑戦中

章なし

問題

近代日本における動物と人間との関係に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。

テレビの時代劇などで、江戸時代の武士が乗っている馬は大きく立派な体格だが、実際に彼らが乗っていたのは小柄な日本馬であった。[ ①日清・日露両戦争に際して、農村から馬が軍用として徴発された ]が、体格の小さな日本馬は軍用に適さないことが明らかになり、その後、軍の主導で洋種血統の導入による馬の改良が全国的に行われ、純粋な在来馬は数を減らしていった。
戦争と動物ということでは、大正期以降には犬や鳩も軍犬・軍鳩として活用された。他方、犬とならんで[ ②ペットとして人気のある猫 ]は軍用に使役されることはなかった。しかし猫が愛玩用以外にまったく用いられなかったわけではなく、養蚕地帯では江戸時代から明治にいたるまで、ねずみの駆除のために多く飼育されていた。また明治期にペストが流行すると、[ ③ドイツ人医学者コッホ ]の説により、警視庁や東京市・横浜市などが、感染の媒介となるねずみの駆除のために猫の飼育を奨励するにいたり、海外からの猫の輸入も行われた。

[ ② ]に関連して、この動物を主人公とする小説の表紙や挿絵として描かれた絵甲・乙に関して述べた下の文a〜dについて、正しいものの組合せを、下の選択肢のうちから一つ選べ。a 甲・乙の絵が掲載された小説の作者は芥川龍之介である。
b 甲・乙の絵が掲載された小説の作者は夏目激石である。
c 乙の絵を描いた人物が学んだ工部美術学校では、西洋美術について教育をした。
d 乙の絵を描いた人物らは日本美術院を創設し、日本の伝統絵画制作の新たな担い手となった。

  • (1)

    • a・c

    • a・d

    • b・c

    • b・d