全部で10問 挑戦中

章なし

問題

日本とオリンピックとのかかわりに関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)

日本がはじめてオリンピックに参加したのは1912年の第5回ストックホルム大会で、日本選手はわずか2名であった。1920年代になると[ ①国際連盟や多国間の条約 ]のもとで国際平和がめさされるなか、オリンピックには参加国が増え、内容も充実していった。しだいに日本選手の競技力も高まり、第9回アムステルダム大会(1928年)では、2選手が金メダルを獲得し、初の女性選手である人見絹枝(ひとみ きぬえ)も銀メダルを獲得する活躍をみせたのである。
こうしたなか、[ ②関東大震災からの復興を遂げた東京 ]ではオリンピック誘致の気運が高まり、1931年の市会による建議をうけて、オリンピック開催都市に名乗りをあげた。翌年の第10回ロサンゼルス大会に際しては、[ ③満州事変 ]後の厳しい国際世論のなかにあって、日本は前回の3倍を超える大選手団を送り込み、好成績を収めた。政情不安や不況が続くなか、国民は国際舞台での日本選手の活躍に喝采を送った。

[ ③ ]に関連して、満州事変前後の出来事に関して述べた次の文I〜Ⅲについて、古いものから年代順に正しく配列したものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。

I 犬養毅首相が海軍将校らに殺害された。
Ⅱ 日中両軍の間で塘泊停戦協定が結ぼれた。
Ⅲ 金輸出を解禁し、金本位制に復帰した。
  • (1)

    • ⅠーⅡーⅢ

    • ⅠーⅢーⅡ

    • ⅡーⅠーⅢ

    • ⅡーⅢーⅠ

    • ⅢーⅠーⅡ

    • ⅢーⅡーⅠ