関連法規

関連法規に関する問題の一覧です。出題傾向を把握したり、出題頻度を確認して、効率的に勉強しよう!

関連法規の出題頻度

38%

公開中の13テストにつき5回出題

出題頻度は高いです。3回に一回以上出題されています。正解できると合格率がUP!何度も挑戦しましょう!

「関連法規」に関する問題一覧

以下のリストは表示専用です。関連法規に関する問題を解く場合は「問題を解く」ボタンを押してください。

  1. (1)ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。 ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2017年(平成29年)9月 過去問

  2. (2)ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2016年(平成28年)9月 過去問

  3. (3)ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2016年(平成28年)5月 過去問

  4. (4)ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    2017年(平成29年)1月 過去問

  5. (5)ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。 ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    2017年(平成29年)5月 過去問

関連法規の解説
▼出題される主なパターン

・一般的な説明はどの法令にも抵触しない。
 └一般的な説明ではない助言や代理業はすべて法令に抵触する。登録や資格がなければできない確定申告書の作成の代行は、税理士資格がなければできない。
・公正証書の証人は、資格がなくてもできる。
・守秘義務は守る。
・相手の理解のペースに合わせて、説明する。

FPの第1問として頻出問題です。必ず正解しましょう。