理学療法士の間違い・出題傾向

理学療法士の過去6回分の過去問の出題傾向を一覧で見ることができます。

マーク:過去10回のチャレンジで間違った問題にチェックがついています。間違いやすい問題の傾向を確認しよう。

問題\年度 令和2年度 第55回 平成31年度 第54回 平成30年度 第53回 平成29年度 第52回 平成28年度 第51回 平成27年度 第50回
1

陽性的中率

可動域制限のない患者に図の...

36歳の男性。交通事故による...

10歳の男児。Duchenne型筋ジ...

関節可動域測定法(日本整形...

関節とその形状の組合せにつ...

2

心電図

関節可動域測定法(日本整形...

68歳の女性。変形性股関節症...

Down症候群で乳児期前半にみ...

Daniels らの徒手筋力テスト...

筋と支配神経の組合せで正し...

3

関節可動域測定法

Danielsらの徒手筋力テストに...

20歳の男性。自転車工ルゴメ...

58歳の男性。歩行時のふらつ...

Daniels らの徒手筋力テスト...

頭部 MRI の T2 強調像を別に...

4

徒手筋力テスト

32歳の女性。下痢症状の後に...

心電図(別冊No.1①〜⑤)を別...

65歳の男性。被殻出血による...

右股関節の可動域を表に示す。

中脳レベルの横断面の模式図...

5

慢性心不全

20歳の男性。運動時に膝関節...

関節可動域測定法(日本整形...

75歳の男性。冠動脈バイパス...

反射検査の刺激部位で正しい...

二重神経支配の筋はどれか。

6

脳卒中機能評価法

この検査方法はどれか。

関節可動域測定法(日本整形...

70歳の男性。脳梗塞による左...

6歳の男児。1か月前から左足...

洞結節があるのはどれか。

7

フローボリューム曲線

20歳の男性。運動時に膝関節...

Danielsらの徒手筋カテストに...

20歳の女性。1か月前に転倒...

脳卒中右片麻痺の麻痺側運動...

平衡聴覚器の解剖について正...

8

運動療法の中止

この検査で陽性となるのはど...

Danielsらの徒手筋カテストに...

20歳の女性。1か月前に転倒...

正常な胸部エックス線写真を...

胸部の解剖について正しいの...

9

肺尖部がん

20歳の男性。肩関節の疼痛を...

車椅子乗車中に体幹を右に傾...

53歳の女性。脳出血による右...

44 歳の女性。か月前から腰痛...

消化器について正しいのはど...

10

脊髄完全損傷

関節可動域測定法(日本整形...

脳皮質の感覚野の片側前額断...

42歳の男性。Guillain-Barré...

70 歳の男性。15 年前の脳出...

動脈の触診部位で誤っている...

11

シャフリング

26歳の男性。20歳ころから乗...

脳出血後の頭部CT(別冊No.1...

多職種で構成される病院内の...

65 歳の男性。脳梗塞。右片麻...

神経線維の特徴で正しいのは...

12

左中大脳動脈領域

56歳の男性。発症時に明らか...

75歳の女性。右利き。脳梗塞...

医療機関における患者の個人...

65 歳の女性。慢性心不全。自...

折りたたみナイフ現象に関与...

13

右肩関節痛

人工呼吸器のモニターに示さ...

45歳の男性。左大腿切断後。...

陽性尤度比の説明で正しいの...

他の筋への影響を最小限にし...

運動負荷による生体反応で誤...

14

変形性頸椎症

正中神経を手首と肘部で電気...

70歳の男性。脳卒中による右...

立位で外乱による体の前方へ...

図のようなハンドリングを実...

組織液の還流で正しいのはど...

15

Parkinson病

75歳の男性。右利き。脳梗塞...

70歳の男性。脳梗塞による左...

運動による疲労時に筋内で増...

45 歳の男性。筋萎縮性側索硬...

血液中の血小板について誤っ...

16

脊髄小脳変性症

3歳の男児。脳性麻痺による右...

68歳の男性。胸部大動脈解離...

SF-36で正しいのはどれか。

75 歳の男性。交通事故による...

栄養素と吸収部位の組合せで...

17

多発性硬化症

ある薬物を投与する前後の運...

脳卒中機能評価法〈SIAS〉の...

非圧痕性浮腫を生じる疾患は...

80 歳の男性。胸部 CTを別に...

排尿で正しいのはどれか。 2 ...

18

上気道炎

水中での立位姿勢を図に示す。

42歳の女性。感冒症状が出現...

関節可動域測定法(日本整形...

右外側肺底区の痰に対する体...

内分泌器官と分泌されるホル...

19

顕在性脊椎

生後8か月の乳児。運動発達の...

45歳の男性。半年前から左上...

Danielsらの徒手筋力テストで...

24 歳の女性。2日前に室内で...

図のようにてこが釣り合って...

20

気道熱傷

65歳の男性。視床出血による...

4歳の男児。顕在性二分脊椎症...

FIMについて正しいのはどれか...

46 歳の男性。健康診断で身長...

基本肢位からの肩関節の運動...

21

評価点

頸髄損傷者の起き上がり動作...

52歳の男性。2型糖尿病。足の...

骨盤帯付長下肢装具の適合判...

関節可動域測定時の足部の内...

前腕の回内に働く筋はどれか。

22

ICF

45歳の男性。会社の事務職と...

55歳の男性。2型糖尿病。身長...

肘関節脱臼で多いのはどれか。

筋とその短縮の有無を調べる...

基本肢位からの股関節の運動...

23

インシデントレポート収集

頸髄損傷者の起き上がり動作...

50歳の男性。1か月前から腰痛...

腰椎椎間板ヘルニアで陽性と...

健常者で最も歩行率が大きい...

足部の運動で正しいのはどれ...

24

肺音

70歳の男性。脳梗塞による右...

21歳の女性。バレーボールで...

脳卒中発症後週間以内に生じ...

加齢に伴う生理的変化につい...

正常歩行時の重心移動幅の減...

25

健常成人

75歳の男性。脳梗塞による左...

25歳の男性。野球の試合で走...

筋萎縮性側索硬化症で生じに...

脳卒中片麻痺に対する斜面台...

疾患と病理変化の組合せで誤...

26

関節可動域測定法

82歳の女性。転倒して右股関...

図に示す両側支柱付長下肢装...

末梢神経損傷で予後が最も良...

左半側空間無視の治療法とし...

冠血流を減少させる要因はど...

27

歯磨き

40歳の男性。長時間の立位に...

身体計測の結果を図に示す。

水の物理的特性で水中運動療...

伝導失語の言語的特徴はどれか。

細菌感染によるのはどれか。

28

筋活動パターン

60歳の男性。右利き。歩行困...

19歳の男性。基礎疾患はない...

持久力トレーニングの効果と...

注意障害で、料理中にかかっ...

ボツリヌス菌毒素製剤の作用...

29

義足

脊髄損傷患者のトランスファ...

58歳の女性。5年前に子宮頸癌...

慢性非特異的腰痛の理学療法...

Parkinson 病の Hoehn & Yah...

「30 分後にベルが鳴ったら訓...

30

胸腰仙椎装具

60歳の男性。右利き。歩行困...

19歳の男性。基礎疾患はない...

慢性閉塞性肺疾患のADL動作で...

四肢遠位部の筋力低下を特徴...

MMSE(mini mental state exa...

31

変形性膝関節症

NICUにおける低出生体重児の...

4歳の男児。痙直型両麻痺。し...

転位のない大腿骨転子部骨折...

Guillain-Barré 症候群でみら...

認知療法について正しいのは...

32

Froment徴候

42歳の男性。スキーの滑走中...

脳卒中後の左片麻痺患者の生...

腰椎分離症で分離するのはど...

末梢性めまいに対する理学療...

国際生活機能分類(ICF)で活...

33

節周囲炎患者

82歳の男性。15年前から動作...

70歳の男性。3年前に右手の振...

Duchenne型筋ジストロフィー...

脊髄損傷患者(第5頸髄節まで...

脊髄損傷の感覚障害について...

34

Parkinson病

6歳の男児。顕在性二分脊椎症...

45歳の女性。右変形性股関節...

心不全のない急性心筋梗塞患...

関節リウマチに合併しやすい...

頭頂葉の病変で生じる症候は...

35

筋萎縮性側索硬化症

60歳の女性。心不全。運動療...

36歳の男性。手にバスケット...

白杖を使用している視覚障害...

遠城寺式乳幼児分析的発達検...

我が国における平成 23 年以...

36

歩行テスト

図に示す排痰体位に対応する...

55歳の男性。トラックの荷台...

生活習慣病に含まれないのは...

脳性麻痺の痙直型両麻痺で生...

病原体と主な感染経路の組合...

37

関節可動域運動

70歳の男性。食道がんを内視...

65歳の男性。身長165cm。

ICFの脳卒中 Brief core set ...

切断と断端長の計測部位との...

痙縮を生じにくい疾患はどれか。

38

筋力増強運動

78歳の男性。慢性閉塞性肺疾...

生後4か月の乳児。健診で股関...

介護保険制度について誤って...

頸椎の可動性を最も制限する...

物につかまらず立てる乳児に...

39

神経筋再教育

65歳の男性。右利き。突然の...

71歳の男性。うっ血性心不全...

端座位で一側の股関節を屈曲...

神経筋再教育について正しい...

変形性関節症について正しい...

40

寒冷療法

図に示す姿勢のうち、労働災...

生後4か月の乳児。健診で股関...

胸髄損傷者の褥瘡予防で正し...

極超短波治療の図を示す。

骨折後に偽関節を生じやすい...

41

短下肢装具

最もエビデンスレベルが高い...

入院患者100人の収縮期血圧を...

栄養状態の評価として有用性...

心筋梗塞の再発危険因子とし...

急性心筋梗塞の発症後の血液...

42

慢性心不全患者

治療についてのインフォーム...

研究に関する用語と説明の組...

上腕骨小結節に付着する筋は...

呼吸機能検査で求められる値...

筋強直性ジストロフィーにみ...

43

慢性腰痛

慢性閉塞性肺疾患の呼吸機能...

疾患の予防対策で正しいのは...

皮下組織の直下に筋腹を触知...

血液透析中の慢性腎臓病,CKD/...

Guillain-Barré 症候群につい...

44

外反肘

SOAPで正しいのはどれか。

理学療法診療ガイドライン第1...

腕神経叢の後神経束から分岐...

成人に対する喀痰の吸引につ...

大腸癌について誤っているの...

45

脳卒中後

継続的な持久力運動で低下す...

端座位で膝関節を完全伸展位...

舌下神経について正しいのは...

ICF で身体構造・心身機能の...

肝硬変の患者が多量の吐血を...

46

多発性筋炎

固定負荷にて行う運動負荷試...

歩行について正しいのはどれか。

脛骨と腓骨の両方に付着する...

新しい運動を学習するときに...

Alzheimer 型認知症と比較し...

47

Down症候群

病的反射と刺激方法の組合せ...

加齢に伴う生理的変化につい...

解剖学的構造のうち、白質に...

地域包括ケアシステムで特に...

統合失調症で通院中の女性が...

48

廃用症候群

関節可動域測定法(日本整形...

腹臥位と比較した場合の背臥...

スパイログラムを図に示す。

我が国の産業衛生について正...

双極性障害について正しいの...

49

ノーマライゼーション

身体計測で正しいのはどれか。

関節可動域測定法(日本整形...

脳脊髄液の流路において、第...

介入研究に該当するのはどれか。

強迫性障害について誤ってい...

50

介護保険法

関節可動域が正常な患者に対...

主観的幸福感を評価できるの...

Daniels らの徒手筋力テスト...

事故・過誤に関連した用語の...

12 歳の女児。寝不足の朝、突...

51

自律神経系

Danielsらの徒手筋力テストに...

異常歩行と原因の組合せで正...

胃の解剖について正しいのは...

内胚葉に由来するのはどれか。

関節可動域測定法(日本整形...

52

錐体路

検査結果を表に示す。

関節可動域測定法(日本整形...

動脈血ガス分析の結果を表に...

手根骨を図に示す。

Daniels らの徒手筋力テスト...

53

関節

NRS〈numerical rating scale...

アテトーゼ型脳性麻痺で残存...

腎臓の解剖について正しいの...

脊髄について正しいのはどれか。

Daniels らの徒手筋力テスト...

54

手根管

認知症の原因になりにくい疾...

Danielsらの肩関節の徒手筋カ...

関節可動域測定法(日本整形...

閉鎖神経に支配されるのはど...

Daniels らの徒手筋力テスト...

55

腰神経叢

若年者と比較した高齢者の歩...

慢性腰痛に対する認知行動療...

細胞分裂の開始に関わるのは...

痛覚の脊髄神経路で正しいの...

55 歳の男性。突然のめまいを...

56

下大静脈

歩行周期で立脚相直前から活...

痛みを主症状とする疾患はど...

Daniels らの徒手筋力テスト...

上大静脈と下大静脈とを結ぶ...

87 歳の女性。脳卒中による重...

57

気管支

下腿義足の静的アライメント...

内頸動脈系と比べて椎骨脳底...

1本の神経線維を電気刺激し...

消化器系について正しいのは...

50 歳の男性。Parkinson 病。...

58

後腹膜腔

内反足に対する最も適切な靴...

記憶障害の評価法はどれか。

74歳の男性。右利き。脳卒中...

平衡聴覚器について正しいの...

25 歳の男性。Guillain-Barré...

59

感覚神経

膝関節内反変形のある変形性...

右頭頂葉障害で特徴的な症状...

四肢からの感覚神経伝導路に...

皮膚について誤っているのは...

65 歳の男性。 4 歳時に急性...

60

線毛上皮

関節リウマチにおいて、余暇...

脳卒中片麻痺の亜脱臼に対す...

30歳の男性。スキーで転倒し...

破骨細胞について正しいのは...

26 歳の男性。仕事中の事故に...

61

副腎髄質

関節リウマチにみられる変形...

歩行において下腿義足の初期...

運動時の循環反応で誤ってい...

骨格筋の収縮について誤って...

75 歳の女性。交通事故により...

62

骨格筋

尺骨骨幹部骨折と橈骨小頭の...

Heberden結節の好発部位はど...

44歳の女性。関節リウマチ。...

神経筋接合部の神経伝達物質...

50 歳の女性。アキレス腱断裂...

63

交感神経

Kienb_ck病で障害されるのは...

関節リウマチの脊椎病変で最...

交感神経の作用はどれか。

運動時の変化について正しい...

5 歳の男児。脳性麻痺で痙直...

64

呼吸生理

疲労骨折が最も多いのはどれか。

腱板断裂損傷の徒手検査で陽...

78歳の女性。布団を持ち上げ...

強制呼気時に働く筋はどれか。

70 歳の男性。身長 180 cm、...

65

血液凝固因子

断端の成熟度を確認するため...

膝前十字靱帯損傷と合併して...

右心不全の症候として正しい...

胆汁について正しいのはどれか。

肢誘導における心電図を別に...

66

排便

上腕二頭筋腱炎で陽性所見を...

肘関節屈曲位から伸展方向へ...

62歳の男性。Parkinson 病。...

体温について正しいのはどれか。

44 歳の患者。Ⅱ度の熱傷があ...

67

腎臓

発育性股関節形成不全で正し...

多発性硬化症において、頸部...

消化酵素について正しいのは...

排卵を誘発するのはどれか。

65 歳の男性。右片麻痺。病棟...

68

体温調節

脳卒中片麻痺患者に用いられ...

動脈血ガス分析結果がpH 7.32...

35歳の女性。橈骨遠位端骨折...

図のような輪軸を利用して、...

75 歳の男性。脳卒中による左...

69

肩甲上腕関節

前頭葉と側頭葉に限局性の大...

慢性閉塞性肺疾患の身休所見...

排便機構について正しいのは...

肩関節の外旋筋はどれか。

てこを図に示す。A を支点と...

70

Parkinson病に対する包括的な...

がん患者の身体機能評価尺度...

嚥下障害がある患者の胸部エ...

手について正しいのはどれか。

75 歳の女性。左変形性膝関節...

71

膝関節屈曲

疼痛の評価に用いられるのは...

平衡機能障害において、後索...

分娩後の乳汁分泌に作用する...

足部縦アーチの保持に関与す...

関節可動域測定法(日本整形...

72

快適歩行

GMFMで正しいのはどれか。

神経因性膀胱のうち低活動性...

56歳の男性。閉塞性動脈硬化...

顔面の筋の作用で正しいのは...

Daniels らの徒手筋力テスト...

73

肺機能検査

運動療法で正しいのはどれか。

フレイルの高齢者の特徴につ...

代謝について正しいのはどれか。

輸血時に移植片対宿主病が起...

Daniels らの徒手筋力テスト...

74

運動学習

NYHA分類で正しいのはどれか。

高齢者の転倒リスクに関連性...

39歳の男性。野球の試合中に...

良性腫瘍と比較した悪性腫瘍...

脳卒中患者の状態を症状なし...

75

先天性奇形

虚血性心疾患に対する運動療...

寒冷療法が痙縮を低下させる...

肩関節の運動とそれに作用す...

心尖部の聴診で心室収縮期に...

右延髄背外側部の脳梗塞によ...

76

脳腫瘍

成人に対する一次救命処置で...

超音波療法について正しいの...

52歳の女性。7年前に右の乳...

転移・逆転移で適切なのはど...

前大脳動脈閉塞で最も生じや...

77

胃全摘出術後

開放式吸引での気管吸引で正...

虚血性心疾患に対する運動療...

手指の運動とそれに作用する...

「自分が幼稚園に行っている間...

Duchenne 型筋ジストロフィー...

78

防衛機制

筋力増強トレーニングの効果...

機器を使用しなければ実施で...

46歳の男性。前日夜に冷たい...

遅延再生を含まないのはどれか。

アテトーゼ型脳性麻痺につい...

79

心理療法

全身持久力トレーニング中の...

認知症の周辺症状であるBPSD...

膝関節半月板について正しい...

技法としてホームワーク〈宿...

PEDI(pediatric evaluation ...

80

精神機能

超音波療法で正しいのはどれか。

脳卒中後の左片麻痺の患者が...

右人工股関節置換術(後方侵...

長期の安静臥床によって上昇...

ASIA 機能障害尺度で L4 の k...

81

コントロール

高次脳機能障害と検査の組合...

脊髄小脳変性症の患者で、歩...

足部の内がえしに作用する筋...

Gerstmann 症候群に認められ...

脊髄完全損傷者の機能残存レ...

82

大腿義足装着者の異常歩行と...

IADLに含まれるのはどれか。2...

85歳の女性。脳梗塞による左...

Barthel Index で正しいのは...

膝前十字靱帯断裂の評価で適...

83

徒手筋力テスト

Perthes病で正しいのはどれか...

変形性膝関節症の理学療法介...

成人の安静開脚立位で正しい...

赤血球沈降速度が低下するの...

アキレス腱周囲炎について正...

84

接触感染

軽い運動から激しい運動へと...

関節リウマチの開張足を矯正...

脊髄損傷患者の車椅子上での...

食道静脈瘤について正しいの...

肘部管症候群を疑う所見はど...

85

原始反射

左延髄外側症候群で正しいの...

手関節背屈位で手をついて転...

疾患と病因・病理学的変化の...

アルコール性肝障害について...

寒冷療法の作用で正しいのは...

86

骨形成不全症

腹圧性尿失禁に対する筋力増...

義足におけるシリコンライナ...

2歳の女児。痙直型四肢麻痺...

心不全に特徴的な呼吸はどれか。

超音波療法について正しいの...

87

視床痛

多発性筋炎で正しいのはどれか。

重度の片麻痺を生じた脳梗塞...

突然の右不全片麻痺を呈して...

6〜12 歳における GMFCS レベ...

カナダ式股義足で誤っている...

88

脳血管障害

小児でVolkmann拘縮を起こし...

脳血管障害の患者に対する治...

中枢神経障害の回復機序に関...

福山型筋ジストロフィーにつ...

PTB 式免荷装具について正し...

89

頭部CT

Down症候群の子どもの運動発...

外傷性の前頭葉損傷による高...

ワルファリンの作用を減弱さ...

加齢による身体構成成分の変...

口すぼめ呼吸で正しいのはど...

90

急性期リハビリテーション

偽関節を生じやすいのはどれ...

Duchenne型筋ジストロフィ一...

成人に対する一次救命措置で...

認知症をきたす疾患で脳外科...

2 型糖尿病患者に対する教育...

91

肺塞栓症

人工呼吸器管理中に生じる呼...

重症筋無力症のクリーゼにつ...

正常な肉芽の特徴はどれか。

頸椎後縦靱帯骨化症の症候で...

がん患者の緩和ケア病棟にお...

92

食道癌

脊髄損傷による対麻痺患者に...

末梢神経障害による猿手で使...

対象者を現在の生活習慣から...

突然の左不全片麻痺を呈して...

全身持久力トレーニングの長...

93

尿毒症

糖尿病の運動療法で正しいの...

GMFCSレベルIIの痙直型脳性麻...

意識することなく再生される...

病態とその治療薬の組合せで...

正常歩行について正しいのは...

94

前頭側頭型認知症

アテトーゼ型脳性麻痺に残存...

Down症児の初期の腹臥位での...

嫌気的代謝の過程で生成され...

病名と症状の組合せで正しい...

歩行率で正しいのはどれか。 ...

95

介護保険制度

喚語困難と迂言を呈し、発話...

脳卒中後の在宅高齢者につい...

Eriksonによる発達段階で老年...

統合失調症の前駆期にみられ...

深部腱反射と反射中枢の組合...

96

てんかん

閉塞性動脈硬化症で正しいの...

摂食照下障害に対するShaker...

フレイルの説明で正しいのは...

笑いなどの強い情動で突然に...

運動負荷量を段階的に増加さ...

97

統合失調症

地域包括支援センターへの配...

介護予防における二次予防事...

模擬場面でのリハーサルを技...

見捨てられ不安を特徴とする...

FIM のトイレ動作で評価され...

98

食障害

廃用症候群で正しいのはどれか。

人工呼吸器を使用している重...

医療面接における自由質問法...

全般的な知能に大きな低下は...

国際生活機能分類(ICF)にお...

99

不安

介護保険制度における福祉用...

標準予防策〈standard precau...

脊髄損傷の自律神経過反射で...

下肢長の計測結果を表に示す。

3 群に分けたグループ間で平...

100

概日リズム

身体的フレイルの特徴で正し...

問診で用いる質間の種類とそ...

延髄の障害でみられやすい症...

関節可動域測定法(日本整形...

理学療法士及び作業療法士法...

101

重複歩距離

Lisfranc関節を構成するのは...

骨について正しいのはどれか...

老研式活動能力指標の質問項...

Daniels らの徒手筋力テスト...

骨について正しいのはどれか。

102

関節可動域測定法

頸椎で正しいのはどれか。2つ...

股関節で正しいのはどれか。

関節を他動的に動かしたとき...

Daniels らの徒手筋力テスト...

月状骨と関節を構成しないの...

103

徒手筋力テスト

視覚伝導路に含まれるのはど...

運動軸が2つの関節はどれか。

摂食嚥下障害への対応で正し...

身体計測を行った結果を図に...

肋骨に付着する筋はどれか。

104

膝関節伸展トルク

脳神経と支配筋の組合せで正...

脊柱管の前壁に沿って走行す...

注意機能の評価はどれか。

40 歳の男性。2週前から腰痛...

筋と支配神経の組合せで正し...

105

左股関節痛

外眼筋の中で動眼神経の支配...

外側腋商隙を構成する筋はど...

上腕骨顆上骨折で正しいのは...

79 歳の女性。脳卒中後の左片...

筋と付着部の組合せで正しい...

106

左股関節痛

脳の解剖で誤っているのはど...

大脳の領野と部位の組合せで...

静的立位で下腿義足の足部内...

つまずきやすさを主訴に来院...

大脳の領野と部位の組合せで...

107

脳性麻痺

中枢神経系の模式図を示す。

錐体路について誤っているの...

特発性大腿骨頭壊死症につい...

患者の鼻(A)から目標(B)...

深腓骨神経が支配する筋はど...

108

検査

第7胸椎の高さの水平断で最も...

中脳について誤っているのは...

杖のチェックアウトについて...

52 歳の女性。関節リウマチ。...

上咽頭後壁の触覚をつかさど...

109

脳梗塞

筋と支配神経との組合せで正...

内頸動脈から直接分岐しない...

家族性が孤発性よりも多いの...

35歳の男性。実業団の長距離...

大動脈から頭頸部に至る動脈...

110

直達牽引法

消化器の解剖で正しいのはど...

視神経から視覚野に至る視覚...

鵞足をつくるのはどれか。

35歳の男性。実業団の長距離...

染色体と細胞分裂について正...

111

全身持久力トレーニング

心臓で正しいのはどれか。2つ...

筋と支配神経の組合せで正し...

重症筋無力症について正しい...

改訂日本版デンバー式発達ス...

運動単位について正しいのは...

112

評価指標

呼吸器で正しいのはどれか。

デルマトームと支配髄節の組...

脳血管障害の評価として用い...

10 歳の男児。二分脊椎。杖歩...

静止している人が、動いてい...

113

脳性麻痺

口腔で正しいのはどれか。

リンパ系について正しいのは...

てんかんについて正しいのは...

60 歳の女性。体重 50 kg。急...

副交感神経の作用はどれか。

114

関節リウマチ

腎臓で誤っているのはどれか。

後腹膜腔に存在しないのはど...

Parkinson 病で主にみられる...

37 歳の女性。5年前に多発性...

レム睡眠について正しいのは...

115

変形性股関節症

膵臓で正しいのはどれか。

呼吸器の解剖について正しい...

眼疾患とその病態の組合せで...

50 歳の男性。閉塞性動脈硬化...

酸塩基平衡で正しいのはどれか。

116

右股関節痛

女性生殖器で誤っているのは...

泌尿器の解剖について正しい...

Duchenne 型筋ジストロフィー...

69 歳の男性。肺癌。これまで...

腎臓の尿細管で再吸収される...

117

脳梗塞

左頸部側面の様子(別冊No.3...

解剖学的「嗅ぎタバコ入れ」...

10 か月の正常児でみられるの...

78 歳の女性。左片麻痺。Brun...

排便機構で正しいのはどれか。

118

頸髄損傷

ホルモンの産生で正しいのは...

平衡聴覚器の構造で正しいの...

うっ血性心不全でみられるの...

前腕回外の関節可動域測定法...

基礎代謝について誤っている...

119

意識障害

頸動脈洞反射で正しいのはど...

細胞内小器官の働きで正しい...

高齢者にみられる病態のうち...

Daniels らの徒手筋力テスト...

筋と呼吸運動の組合せで正し...

120

摂食嚥下障害

末梢神経と体表からの触知部...

動脈と脈拍の触知部位との組...

工場生産労働者の腰痛対策と...

脳卒中片麻痺の上肢に対する ...

嫌気的代謝の過程で生成され...

121

正規分布

皮膚の侵害受容器はどれか。

反射と脳神経の組合せで正し...

2型糖尿病の運動療法につい...

Steinbrocker によるステージ...

肩甲骨の上方回旋に働く筋は...

122

チーム医療

遺伝情報伝達で正しいのはど...

骨格筋の構造で筋収縮時に長...

超音波治療が可能なのはどれか。

局所性脳損傷と比べた場合の...

基本肢位からの股関節の運動...

123

測定部位

副交感神経線維を含むのはど...

伸張反射について正しいのは...

血友病について正しいのはど...

観念失行に関連する行為はど...

疾患または症候と異常歩行の...

124

不整脈

骨格筋の筋収縮で正しいのは...

視覚について正しいのはどれか。

脳卒中片麻痺者の応用歩行練...

すくみ足現象がみられる Park...

成人の静止立位で正しいのは...

125

腱反射

心臓の刺激伝導系でないのは...

運動単位について正しいのは...

リンパ浮腫について正しいの...

重症筋無力症で正しいのはど...

扁平上皮癌の特徴はどれか。

126

徒手筋力テスト

左上肢の感覚と伝導路が通る...

副交感神経の作用で収縮する...

部分損傷をきたした靱帯と強...

糖尿病性の多発神経障害で早...

心拍出量が最も小さいのはど...

127

TUG

線維素溶解に働くのはどれか。

抗体を産生するのはどれか。

精神遅滞を生じる疾患のうち...

骨粗鬆症性骨折が最も起こり...

頭部 CTを別に示す。

128

発達スクリーニング検査

交感神経の機能で正しいのは...

胃での栄養素の消化・吸収で...

関節リウマチの症状と理学療...

頸椎の椎間孔圧迫試験はどれか。

個人的な無意識とは別に「神...

129

遂行機能障害

嚥下中枢が存在する部位はど...

胆汁について正しいのはどれか。

疾患と病変の組合せで正しい...

肘部管症候群の所見で正しい...

憧れの人の口調や身振りをま...

130

金属支柱付き短下肢装具

心筋の再分極に最も影響する...

排便機構について正しいのは...

エネルギー蓄積機能によって...

健常人における椅子座位から...

図に示す課題を用いるのはど...

131

Bennett骨折

排便機構で正しいのはどれか。

排尿機構について正しいのは...

境界性パーソナリティ障害に...

筋疲労時にみられるのはどれか。

訓練療法はどれか。

132

Spurlingテスト

末梢組織への酸素供給を増や...

エリスロポエチンの産生を促...

3歳6か月の脳性麻痺児で、...

異常歩行とその原因の組合せ...

院内感染対策として適切でな...

133

Brunnstrom法ステージ

血糖を上昇させる作用のある...

副甲状腺ホルモンで正しいの...

てんかんについて正しいのは...

スタティック・ストレッチン...

介護保険法の特定疾病に含ま...

134

多系統萎縮症

摂食嚥下の咽頭期に生じる現...

ホルモン分泌について正しい...

慢性腎不全患者に対する運動...

水中運動療法の作用と効果に...

出血部位と出現しやすい症候...

135

ミオパチー

妊娠、出産で正しいのはどれか。

摂食聴下の際の運動で正しい...

疾患と治療の組合せで正しい...

車椅子からベッドへの移乗動...

結核について正しいのはどれか。

136

ポリオ後症候群

集合管における尿の濃縮に関...

心電図の波形で正しいのはど...

がん患者の緩和ケア病棟にお...

FIM の評定で修正自立となる...

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)...

137

糖尿病患者

通常歩行(4km/h)の代謝当量...

等張性運動について正しいの...

三次予防に含まれるのはどれか。

下肢装具とそのチェックアウ...

原始反射とその説明の組合せ...

138

伸張運動

代謝で誤っているのはどれか。

随意運動の制御に関与する部...

要介護認定の審査で、要支援...

大訣恚゚位部骨折に対する人工...

小児の正常発達で最も早く可...

139

ランプ負荷法

眼球運動を行う筋はどれか。

頸椎の伸展に作用する筋はど...

疾患と自助具の組合せで正し...

小児の四肢切断の特徴として...

加齢に伴い増加するのはどれか。

140

PTB式免荷装具

肩甲骨を胸郭に押し付ける作...

咀噌筋はどれか。2つ選べ。

Heinrich の法則について正し...

Down 症候群の児の理学療法で...

骨折の名称と部位の組合せで...

141

筋力増強運動

肩関節外転90°の時の肩甲骨上...

肩甲骨の下方回旋に作用する...

側方突進が出現する可能性が...

心筋梗塞発症時にみられる左...

頸椎椎間板ヘルニアについて...

142

骨折

膝蓋骨で正しいのはどれか。

肩関節外転90度での水平屈曲...

外胚葉から発生するのはどれか。

糖尿病患者における運動療法...

Duchenne 型筋ジストロフィー...

143

腰椎変性

右膝の内側面を図に示す。矢...

正常な膝関節を屈曲したとき...

体表から触知できるのはどれ...

長期臥床患者で測定値が1週以...

筋萎縮性側索硬化症にみられ...

144

急性期脳血管障害

膝関節の運動で正しいのはど...

下腿中央の横断面を図に示す。

回旋筋腱板を構成する筋はど...

介護保険制度の考え方として...

急性膵炎について正しいのは...

145

頸髄損傷

体幹の伸展かつ右回旋に作用...

足の外側縦アーチを形成する...

第2中手骨底に付着する筋は...

デザインの種類と説明の組合...

右心不全の直接的原因として...

146

脳性麻痺児

腰椎への負荷が大きい順に並...

安静時の呼吸運動で正しいの...

胸椎に付着する筋はどれか。

ある疾患に対する運動療法の...

アルコール依存症に関連が少...

147

人工呼吸器装着患者

成人の正常立位姿勢で正しい...

正常歩行について正しいのは...

二重神経支配の筋はどれか。

膜性骨化で形成されるのはど...

自我の障害はどれか。

148

運動強度

努力性呼気時に働く筋はどれ...

運動学習について正しいのは...

脳血管とその還流域の組合せ...

上腕骨遠位部の図を示す。

家族がすぐにでも病気になる...

149

障害者総合支援法

疾患と病理学的変化の組合せ...

運動時の生体反応で正しいの...

大脳辺縁系とその働きの組合...

肩甲上神経に支配されるのは...

パーソナリティ障害と特徴の...

150

訪問リハビリテーション

病原体と腫瘍発生との組合せ...

正常細胞と比較したときの悪...

同一の臓器から分泌されるホ...

腸骨翼の外面に付着する筋は...

小児の精神障害で正しいのは...

151

大脳基底核

アレルギーの分類と組織傷害...

歩行障害がある患者の頭部MRI...

視覚器で正しいのはどれか。

大脳辺縁系を構成するのはど...

関節可動域測定法(日本整形...

152

外胚葉

神経原性ショックの特徴はど...

訓練開始時に熱感があり、体...

細胞膜電位について誤ってい...

後脊髄小脳路が通るのはどれか。

関節可動域測定法(日本整形...

153

中間楔状骨

急性期のくも膜下出血の診断...

熱傷について正しいのはどれか。

運動単位について誤っている...

リンパについて正しいのはど...

Daniels らの徒手筋力テスト...

154

筋皮神経支配

肺気量で正しいのはどれか。2...

ショックの発症初期に徐脈が...

腱をたたいて骨格筋を急速に...

泌尿器系について正しいのは...

Daniels らの徒手筋力テスト...

155

冠状動脈

創傷治癒を遅延させるのはど...

非ステロイド性抗炎症薬〈NSA...

健常者の安静時呼吸について...

皮膚組織直下に触知できるの...

次の文により問いに答えよ。

156

動脈

正しい組合せはどれか。

Eriksonによる発達段階で学童...

血液凝固因子はどれか。

核酸について誤っているのは...

次の文により問いに答えよ。

157

障害受容で誤っているのはど...

欲求を満たせないときに、正...

胃液の分泌を促進するのはど...

骨格筋の構造で正しいのはど...

19 歳の男性。オートバイ事故...

158

泌尿器

ライフステージにおける成人...

中学生の心理発達における特...

尿の生成について正しいのは...

単一筋線維が発生する張力の...

62 歳の男性。 5 年前に脊髄...

159

内耳

認知行動療法で対象となるう...

古典的条件付けの原理を用い...

老化に伴う生理機能の変化で...

神経線維について正しいのは...

25 歳の女性。交通事故で頸椎...

160

Scarpa三角

交通事故により下肢を骨折し...

訓練療法でないのはどれか。

立位姿勢が安定しているのは...

眼球構成体の説明で正しいの...

次の文により問いに答えよ。

161

細胞

心理療法で正しいのはどれか。

作動記憶〈ワーキングメモリ...

肩甲骨の運動とそれに作用す...

副交感神経の作用はどれか。

次の文により問いに答えよ。

162

神経筋接合部

ある患者の心理検査の一部を...

無意識的な葛藤を洞察して精...

前腕回外に作用する筋はどれか。

呼吸循環調節系について正し...

4 歳の男児。痙直型両麻痺。...

163

皮質領野

ASIAの評価法における脊髄の...

運動制御における小脳の役割...

股関節の運動とそれに作用す...

排尿機構で正しいのはどれか。

60 歳の男性。両下肢のしび...

164

筋紡錘

ASIAの評価法における脊髄の...

失語症分類と特徴の組合せで...

足部アーチについて正しいの...

高齢者にみられる変化で正し...

次の文により問いに答えよ。

165

心室収縮期

歩行障害と病態の組合せで正...

脊髄ショック期の徴候として...

フィードバックの説明で正し...

肩関節外転方向で上肢を挙上...

次の文により問いに答えよ。

166

脳神経

絞扼性神経障害における障害...

FIMで4点(最小介助)となる...

病理学的な悪性度が最も高い...

基本肢位からの股関節の運動...

70 歳の男性。身長 170 cm、...

167

排尿

高齢者の長期の安静臥床の影...

脊髄損傷の機能残存レベルと...

急性炎症と比較した場合の慢...

椅子座位姿勢で膝関節屈曲位...

80 歳の女性。多発性脳梗塞。...

168

男性生殖器系

失行の検査でないのはどれか。

廃用症候群によって低下しな...

頭部 MRI の T1 強調冠状断像...

立位姿勢時の重心について正...

62 歳の男性。スパイログラム...

169

嫌気的代謝

Milani運動発達評価表におけ...

Fallot四徴症で起こる血管異...

自分自身が受け入れることが...

エネルギー代謝率の計算式で...

82 歳の女性。 1 人暮らし。 ...

170

前腕内

性染色体異常で発症するのは...

知能検査はどれか。

老年期における精神保健上の...

運動学習における結果の知識...

60 歳の男性。脳梗塞による片...

171

筋と足

改訂日本版デンバー式発達ス...

スパイロメトリーで計測でき...

行動療法の技法でないのはど...

急性炎症の初期にみられるの...

関節可動域測定法(日本整形...

172

股関節伸展

乳児の水頭症でみられる症状...

変形性膝関節症の進行に伴う...

語の流暢性課題を含む検査は...

虚血性心疾患の病態と最も関...

肘関節を最大伸展させたとき...

173

努力吸気時

帯状疱疹で正しいのはどれか。

関節リウマチについて正しい...

中心性脊髄損傷について正し...

重症熱傷について誤っている...

Daniels らの徒手筋力テスト...

174

反射マーカ

外傷による骨折で、通常、完...

脳卒中後の肩手症候群につい...

運動障害と評価方法の組合せ...

抗凝固薬はどれか。

脊髄小脳変性症に比べて多発...

175

尿検査項目

骨折の名称と部位との組合せ...

免疫不全によって生じゃすい...

観念運動失行の検査はどれか。

記憶のプライミングについて...

視床出血の発症後 2 か月で患...

176

悪性腫瘍細胞

骨肉腫で正しいのはどれか。

Parkinson病について正しいの...

上腕骨外側上顆炎について正...

Erikson による幼児期の心理...

脳卒中で小脳皮質から上小脳...

177

ステロイド薬

脳血管障害に対して行われる...

Lewy小体型認知症に伴うこと...

変形性膝関節症について正し...

投影法はどれか。2つ選べ。

球麻痺から発症した筋萎縮性...

178

骨軟部腫瘍

続発性骨粗鬆症発症の危険因...

皮膚筋炎について正しいのは...

第4腰椎変性すべり症の症候...

ICF について正しいのはどれか。

Duchenne 型筋ジストロフィー...

179

転移

Parkinson病でみられないのは...

Guillain-Barre症候群につい...

脳血管障害について誤ってい...

IADL の項目に含まれるのはど...

遠城寺式乳幼児分析的発達検...

180

心理的発達課題

神経系の感染症と病原体の組...

神経麻痺と起こり得る症状の...

平均的な発症年齢が最も低い...

身体障害者障害程度等級表に...

二分脊椎の病変部位と特徴の...

181

心理検査

下肢の末梢神経伝導検査で複...

Duchenne型筋ジストロフィー...

多発性硬化症について正しい...

胃全摘出術後に起こりやすい...

胸郭出口症候群に最も関与す...

182

幻肢

重症筋無力症で正しいのはど...

胃癌について正しいのはどれか。

中枢神経の先天奇形とその特...

痛風について正しいのはどれか。

股関節に屈曲拘縮がある場合...

183

Brown-Sequard症候群

慢性閉塞性肺疾患患者に推奨...

腎不全における透析療法につ...

高齢者の肺炎の特徴として正...

CRPS〈複合性局所痛症候群〉...

上腕骨骨折について正しいの...

184

脊髄損傷

脳腫瘍とその症状の組合せで...

末梢血に大型の赤血球が出現...

急性心筋梗塞後の運動療法の...

右後下小脳動脈の閉塞で発症...

極超短波による物理療法で正...

185

診断

細菌の産生する毒素が症状の...

糖尿病の運動療法で正しいの...

内分泌異常と病態の組合せで...

Guillain-Barré 症候群につい...

大腿義足の膝継手におけるイ...

186

肩腱板断裂

急性膵炎で正しいのはどれか。

我が国におけるメタボリック...

医療法で規定されていないの...

慢性閉塞性肺疾患の急性増悪...

膝離断義足のソケットの利点...

187

疾患

熱傷で正しいのはどれか。

乳癌について正しいのはどれか。

双極性障害と比較した場合の...

急性心筋梗塞で左冠動脈閉塞...

尺骨神経麻痺による鷲手変形...

188

視神経脊髄炎

赤血球の産生が低下しないの...

肝炎について正しいのはどれか。

小児自閉症について正しいの...

中枢神経発生に伴う先天奇形...

小児疾患と補装具の組合せで...

189

筋強直性ジストロフィー

リハビリテーション医療にお...

介護保険について正しいのは...

アルコールの離脱症候群はど...

Down 症候群で正しいのはどれ...

運動負荷テストによって得ら...

190

心室中隔欠損症

地域保健法に基づく保健所の...

慢性閉塞性肺疾患の患者の胸...

神経性大食症について正しい...

高齢者の筋で誤っているのは...

運動後に低血糖症状を起こし...

191

遮断薬服用中患者

うつ病に起こりやすい思考障...

高齢初発てんかんについて正...

再発に高EE<Expressed Emoti...

胸部 CTを別に示す。

患者がある方向へ運動しよう...

192

血友病

統合失調症の患者が「不気味な...

注意欠如・多動性障害につい...

健常成人の平地歩行時の下肢...

双極性障害について正しいの...

等尺性運動で誤っているのは...

193

多発性骨髄腫

アルコール離脱せん妄で正し...

器質性精神障害について正し...

図1の検査で異常がみられた...

酔うまでの飲酒量が徐々に増...

FBS(functional balance sca...

194

糖尿病患者

てんかんで正しいのはどれか。

驚きなどの情動によって脱力...

患者の股関節部エックス線写...

回避がみられるのはどれか。

6 分間歩行テストで誤ってい...

195

骨粗鬆症

夢に関連する睡眠障害がみら...

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の...

右股関節の可動域を表に示す。

特発性正常圧水頭症で誤って...

FIM の評定で正しいのはどれ...

196

認知症患者

器質性精神障害の急性期の症...

神経性無食欲症について正し...

Danielsらの徒手筋力テストで...

悪性症候群の症状はどれか。

国際生活機能分類(ICF)にお...

197

統合失調症

神経性無食欲症で正しいのは...

「自分がやっていることなの...

義肢の写真を別に示す。

腹膜透析を継続している慢性...

不適切問題により非表示

198

うつ病

うつ病のリワークプログラム...

ACT〈assertive community tr...

病態と図に示す靴の補正との...

運動学習について正しいのは...

不適切問題により非表示

199

解離性障害

パニック障害の薬物療法で用...

親しい人間関係を構築できず...

14歳の女子。第5胸椎を頂椎...

吸引操作の合併症として誤っ...

不適切問題により非表示

200

てんかん

成人のパーソナリティ障害へ...

うつ病の患者への対応として...

60歳の男性。右利き。脳梗塞...

介護保険制度で正しいのはど...

不適切問題により非表示