練習問題(理解度テスト)【最新版】一覧

保険の基礎知識

  1. (1)リスクに対する備えとして、一般に、ひんぱんに発生するが損害の小さい...

  2. (2)保険は、一人ひとりにとっては偶然な事故であっても、大量に観察するこ...

  3. (3)保険は、保険契約全体で収支バランスが保たれ、保険業者の収入総額と支...

  4. (4)保険契約を規律する基本的な法律として「保険法」がありますが、「保険...

  5. (5)次の文章の[  ]に当てはまる最も適切なものを選択肢から選び、解答...

    保険契約は、保険契約者が契約を申込み、保険業者が契約の引受けを「[...

  6. (6)社会保険としての年金(保険)には、自営業者等を対象とする国民年金と...

  7. (7)後期高齢者医療制度は、高齢者の医療費を安定的に支えるため、現役世代...

  8. (8)雇用保険では、労働者が失業した場合、求職活動を継続していれば、失業...

  9. (9)労働者災害補償保険(政府労災保険)では、労働者の業務上または通勤途...

少額短期保険業

  1. (10)少額短期保険募集人とは、少額短期保険業者の役員もしくは使用人または...

  2. (11)少額短期保険業においては、保険金額、保険期間など商品に対する制約が...

  3. (12)少額短期保険業では、人の生存に関し、一定額の保険金を支払うことを約...

  4. (13)少額短期保険募集人は、保険募集にあたっては書面の交付により、「保険...

  5. (14)死亡保険(傷害死亡保険を除きます)の保険金額は、300万円が上限となっ...

  6. (15)傷害疾病保険(重度障害保険および特定重度障害保険を除きます)の保険...

  7. (16)重度障害保険ならびに傷害による重度障害保険の保険金額の上限は、いず...

  8. (17)生命保険、損害保険、傷害疾病保険(第三分野の保険)で引受けられる保...

コンプライアンス

  1. (18)少額短期保険業者の指示を受けて商品案内チラシを単に配布する行為は、...

  2. (19)対面、非対面募集を問わず、保険加入をすすめる目的で商品内容の説明を...

  3. (20)少額短期保険募集人は、保険募集の際、自らが取扱える少額短期保険業者...

  4. (21)少額短期保険募集人には、保険募集に際して、保険契約者等に対して、保...

  5. (22)少額短期保険募集人は、「自動更新タイプの保険契約について、更新時に...

  6. (23)少額短期保険業者の経営が破綻した場合、保険契約者保護機構の行う資金...

  7. (24)保険募集にあたって重要な事項を説明する場合は、保険契約者等に対して...

  8. (25)次の文章の[  ]に当てはまる最も適切なものを選択肢から選び、解答...

    虚偽のことを告げる行為・重要事項を告げない行為は禁止されており、保...

  9. (26)乗換募集は、不利益となる事実を保険契約者等に説明し、保険契約者等に...

  10. (27)保険契約者等に対して締結した保険契約の保険料を立替える行為は、保険...

  11. (28)保険契約締結の際、契約者配当金について、将来確実で間違いなく支払わ...

  12. (29)保険加入を断ったお客様に対して、そのお客様の利益につながるようにと...

  13. (30)生命保険契約の締結にあたり、保険契約に関する重要事項について、保険...

  14. (31)火災保険契約の締結にあたり、保険契約者に対し、保険料を安く抑えるた...

  15. (32)生命保険契約の締結にあたり、保険契約者に対して不利益となる事実を十...

  16. (33)保険契約者に高額な金券を渡すことを約束したうえで、傷害保険契約を締...

  17. (34)少額短期保険募集人は、保険契約締結の際、顧客の意向と保険契約の内容...

  18. (35)少額短期保険募集人は、既契約の更新において、その内容を一部変更する...

  19. (36)少額短期保険募集人には、法令上の体制整備義務が課され、自らの規模や...

  20. (37)少額短期保険募集人は、行政による検査は受けますが、少額短期保険業者...

保険商品の概要

  1. (38)生命保険は、保険事故により、「死亡保険」、「生存保険」および「生死...

  2. (39)火災保険とは、建物や動産が火災や爆発などの事故によって損害を受けた...

  3. (40)自動車の保険は、法律で加入することが義務付けられている自動車損害賠...

  4. (41)人間の身体に異常をもたらす原因を大別すると「病気」と「ケガ」に分け...

  5. (42)生命保険は、契約者が故意に被保険者を死亡させたときは、保険金が支払...

  6. (43)火災保険のうち、住宅火災保険では、保険の対象である家財の盗難による...

  7. (44)医療保険は、病気やケガによる入院、手術などに備える保険で、一生涯の...

  8. (45)介護保険は、被保険者が機能障害または認知症により一定の介護が必要な...

保険の周辺知識

  1. (46)民法上の不法行為責任とは、故意または過失によって他人の権利または法...

  2. (47)自宅からの失火により他人の家に延焼損害を与えてしまった場合には、民...

  3. (48)被相続人の配偶者は、子の有無にかかわらず、常に相続人となります。

  4. (49)相続の承認の方法の1つである限定承認とは、相続財産の範囲内で債務を...

  5. (50)債務不履行責任とは、契約の当事者である債務者が自分の責任で契約上の...

  6. (51)相続人は、被相続人の財産上の権利・義務を相続するかしないかは、自由...

  7. (52)相続の放棄をした場合、相続財産も受け継がないし、債務も負担しないこ...

  8. (53)共済事業とは、特定の職業・職種に従事する人や職場に働く人、あるいは...

  9. (54)交通事故において、加害者側だけでなく、被害者側にも落ち度(過失)が...

  10. (55)民法では、相続人となる者の範囲や順序が定められていますが、子(代襲...

  11. (56)遺言によって特定の者が全財産を相続することになると、他の相続人には...

  12. (57)被保険者本人が生命保険や傷害疾病定額保険の入院給付金を受け取った場...

  13. (58)相続の課税対象となる財産には、相続により取得した現金・土地などの本...

  14. (59)贈与税の基礎控除額は、贈与額が110万円までのときはその全額、110万円...

  15. (60)消費生活協同組合(生協)は、組合員の生活の文化的および経済的な改善...