平成29年 過去問一覧

《短答式》憲法

  1. (1)公権力との間で特別な法律関係にある個人に対する人権の制約に関する次...

    ア.公務員の労働基本権の制限に関し、全農林警職法事件判決(最高裁判...

  2. (2)夫婦が婚姻の際に定めるところに従い夫又は妻の氏を称すると定める民法...

    前記判決は、氏名について、その個人からみれば、人が個人として尊重さ...

  3. (3)夫婦が婚姻の際に定めるところに従い夫又は妻の氏を称すると定める民法...

    前記判決は、氏には、名とは切り離された存在として社会の構成要素であ...

  4. (4)夫婦が婚姻の際に定めるところに従い夫又は妻の氏を称すると定める民法...

    前記判決は、現行の法制度の下における氏の性質等に鑑み、婚姻の際に「...

  5. (5)日本国民である父親から出生後に認知された子の日本国籍の取得をめぐる...

    前記判決は、日本国民を血統上の親として出生しながら、日本国籍を生来...

  6. (6)日本国民である父親から出生後に認知された子の日本国籍の取得をめぐる...

    前記判決は、日本国民である父親から出生後に認知された子について、父...

  7. (7)日本国民である父親から出生後に認知された子の日本国籍の取得をめぐる...

    前記判決は、婚姻関係にない父母から出生した子について将来にわたって...

  8. (8)思想・良心の自由に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    企業が従業員を採用するに際して、その者の在学中における団体加入や学...

  9. (9)思想・良心の自由に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    市立小学校の入学式における国歌斉唱の際に「君が代」のピアノ伴奏をす...

  10. (10)思想・良心の自由に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    公立高等学校の卒業式における国歌斉唱の際に起立斉唱する行為は、学校...

  11. (11)いわゆる政教分離に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    国公有地が特定の宗教的施設の敷地として無償提供された場合に政教分離...

  12. (12)いわゆる政教分離に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    宗教上の祝典、儀式、行事については、その目的が宗教的意義を持ち、そ...

  13. (13)いわゆる政教分離に関する次の記述について、最高裁判所の判例の趣旨に...

    地方公共団体が町内会に対し特定の宗教的施設の敷地として公有地を無償...

  14. (14)公務員宿舎である集合住宅の各室玄関ドアの新聞受けに、政治的意見を記...

    前記判決は、被告人らによる政治的意見を記載したビラの配布は、表現の...

  15. (15)公務員宿舎である集合住宅の各室玄関ドアの新聞受けに、政治的意見を記...

    前記判決は、表現の自由は、送り手の情報が妨げられることなく受け手に...

  16. (16)公務員宿舎である集合住宅の各室玄関ドアの新聞受けに、政治的意見を記...

    前記判決は、本件立入りの場所が自衛隊・防衛庁当局が管理するものであ...

  17. (17)公務員宿舎である集合住宅の各室玄関ドアの新聞受けに、政治的意見を記...

    前記判決の後の判決(最高裁判所平成21年11月30日第二小法廷判決...

  18. (18)取材の自由に関する次のアからウまでの各記述について、最高裁判所の判...

    ア.報道機関の取材結果に対する裁判所による提出命令の可否の判断に当...

  19. (19)憲法第22条第1項の解釈に関する次のアからウまでの各記述について、...

    ア.農業災害補償法が一定の稲作農業者を農業共済組合に当然に加入させ...

  20. (20)第三者所有物没収事件判決(最高裁判所昭和37年11月28日大法廷判...

    ア.前記判決は、被告人以外の第三者の所有物(以下「第三者所有物」と...

  21. (21)生存権とこれを具体化した法制度に関する次のアからウまでの各記述につ...

    ア.国民年金制度は、憲法第25条の趣旨を実現するために設けられた社...

  22. (22)刑事補償請求権に関する次の学生アからエまでの各発言について、正しい...

    ア.「抑留又は拘禁という人権制限措置を受けたけれども結果として無罪...

  23. (23)天皇に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    天皇の人権には、天皇の象徴たる地位に基づく制約があり、特定の政党に...

  24. (24)天皇に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    判例は、天皇が日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であることに鑑み...

  25. (25)天皇に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    憲法第2条は、皇位が世襲のものである旨定めているところ、その具体的...

  26. (26)選挙権及び選挙制度に関する次のアからウまでの各記述について、最高裁...

    憲法は、国民主権の原理に基づき、国民に対して、両議院の議員の選挙に...

  27. (27)選挙権及び選挙制度に関する次のアからウまでの各記述について、最高裁...

    選挙運動の一つの手段である政見放送において、政見放送の品位を損なう...

  28. (28)選挙権及び選挙制度に関する次のアからウまでの各記述について、最高裁...

    憲法は、両議院の議員の選挙において投票をすることを、一定の年齢に達...

  29. (29)政党に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    憲法には政党について直接規定されていないが、政党は、憲法の定める議...

  30. (30)政党に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    憲法第51条は、「両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決に...

  31. (31)政党に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    政党がその所属党員に対してした除名その他の処分の当否について、裁判...

  32. (32)国会の立法手続に関する次のアからウまでの各記述について、正しいもの...

    ア.国会の活動につき、憲法は、常会(第52条)、臨時会(第53条)...

  33. (33)内閣及び内閣総理大臣に関する次の記述について、それぞれ正しい場合に...

    憲法は閣議について規定していないが、内閣が行政権の行使について国会...

  34. (34)内閣及び内閣総理大臣に関する次の記述について、それぞれ正しい場合に...

    内閣の総辞職について規定している憲法第70条の「内閣総理大臣が欠け...

  35. (35)内閣及び内閣総理大臣に関する次の記述について、それぞれ正しい場合に...

    憲法第73条第6号は、内閣の政令制定権を規定しているところ、法律を...

  36. (36)最高裁判所の規則制定権に関する次のアからウまでの各記述について、正...

    ア.最高裁判所は、裁判所の内部規律に関する事項について規則を定める...

  37. (37)裁判所の違憲審査に関する次のアからウまでの各記述について、正しいも...

    ア.裁判所は、処罰対象となる行為が過度に広汎であることが争われてい...

  38. (38)財政に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    「租税を除く外、国が国権に基いて収納する課徴金及び法律上又は事実上...

  39. (39)財政に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    最高裁判所の判例によれば、個人への特別の給付に対する反対給付として...

  40. (40)財政に関する次の記述について、それぞれ正しい場合には○を、誤っている...

    国費を支出するには国会の議決に基づくことを必要とするが、国費の支出...

  41. (41)憲法改正に関する次のアからウまでの各記述について、正しいものには○、...

    ア.憲法改正には、国民投票において「その過半数の賛成」を必要とする...

《短答式》民法

  1. (42)Aが19歳で、親権に服する男性であることを前提として、次のアからオ...

    ア.Aがその親権者から営業を行うことを許可された後に親権者の同意を...

  2. (43)被保佐人Aが保佐人の同意又はこれに代わる家庭裁判所の許可を得ずにB...

    ア.BがAの保佐人に対し当該売買契約を追認するかどうか確答すること...

  3. (44)失踪宣告に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし...

    ア.沈没した船舶の中に在ったAについて失踪宣告がされた場合には、A...

  4. (45)虚偽表示に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし...

    ア.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し、Aから...

  5. (46)代理に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし正し...

    ア.代理人が自己又は第三者の利益を図るために契約をした場合において...

  6. (47)時効に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っ...

    ア.買主の売主に対する瑕疵担保による損害賠償請求権の消滅時効は、買...

  7. (48)登記に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし正し...

    ア.AからB、BからCに甲土地が順次売却され、それぞれその売買代金...

  8. (49)物権の消滅等に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照...

    ア.AとBが甲土地を共有している場合において、Aがその共有持分を放...

  9. (50)物権についての費用負担、償金等に関する次のアからオまでの各記述のう...

    ア.AとBが共有する土地の分割によって公道に通じない甲土地と公道に...

  10. (51)複数の者が共同で権利を有する場合に関する次のアからオまでの各記述の...

    ア.A、B及びCの3名が各3分の1の割合による持分を有する建物につ...

  11. (52)留置権に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし正...

    ア.AがBから甲建物を賃借し、Bに敷金を交付していた場合において、...

  12. (53)物上代位に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし...

    ア.抵当権者は、抵当権設定登記がされた後に物上代位の目的債権が譲渡...

  13. (54)先取特権の順位に関する次のアからオまでの各記述のうち、誤っているも...

    ア.共益の費用の先取特権は、全ての特別の先取特権に優先する。 イ...

  14. (55)質権又は譲渡担保権に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣...

    ア.同一の動産について複数の質権を設定することはできないが、同一の...

  15. (56)A所有の甲土地には、BのAに対する500万円の債権を担保するための...

    ア.競売の申立て前にEの利益のためにBの抵当権が譲渡されて対抗要件...

  16. (57)債務不履行に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照ら...

    ア.動産の売買契約が締結され、その代金の一部が支払われた後で、当該...

  17. (58)債権者代位権に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照...

    ア.債権者は、自己の債権の履行期が到来していなくても、保存行為につ...

  18. (59)連帯債務に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし...

    ア.連帯債務者の一人について弁済期を他の連帯債務者と異にすることは...

  19. (60)指名債権の譲渡に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に...

    ア.債権譲渡禁止の特約に反して債権を譲渡した債権者は、債務者が譲渡...

  20. (61)債務の引受けに関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照...

    ア.債権者Aが、債務者Bの意思に反して、引受人Cとの間で併存的債務...

  21. (62)弁済に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っ...

    ア.AのBに対する債権を目的としてAがCのために質権を設定し、Aが...

  22. (63)AのBに対する1000万円の債務(以下「本件債務」という。)につい...

    ア.Bが、甲土地の所有権を取得するには、代物弁済の合意に加えて、給...

  23. (64)隔地者間の契約に関する次のアからオまでの各記述のうち、誤っているも...

    ア.承諾者が申込みに条件を付して承諾し、その他変更を加えてこれを承...

  24. (65)売買契約の解除に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に...

    ア.債務不履行を理由に売買契約が解除された場合において、その債務不...

  25. (66)贈与に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし正し...

    ア.書面によらないで動産の贈与がされ、その引渡しがされた場合におい...

  26. (67)不動産の売買契約に基づき売主が買主に対して代金の支払を訴訟で請求す...

  27. (68)A所有の甲土地をBがCに対して売り渡す旨の契約(以下「本件売買契約...

    ア.本件売買契約が締結された時に、Aが甲土地を他の者に譲渡する意思...

  28. (69)請負に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし正し...

    ア.請負人は、仕事の目的物の引渡しを要する場合には、これを引き渡し...

  29. (70)寄託に関する次のアからオまでの各記述のうち、誤っているものを組み合...

    ア.受寄者は、無償で寄託を受けた場合には、自己の財産に対するのと同...

  30. (71)Aが運転するタクシーとBが運転するタクシーが衝突する交通事故(以下...

    ア.CがAに対して本件事故後3年以内に損害賠償を請求する訴訟を提起...

  31. (72)A男はB女と婚姻したが、Bには姉Cと妹Dがおり、Cには配偶者Eがい...

    ア.EはAの親族である。 イ.GはAの親族ではない。 ウ.Bが...

  32. (73)離婚に関する次のアからオまでの各記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っ...

    ア.協議上の離婚は戸籍法の定めるところにより届け出ることによって効...

  33. (74)成年後見に関する次のアからオまでの各記述のうち、正しいものを組み合...

    ア.精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者について...

  34. (75)次の【事例】において、Aを被相続人とする遺産分割におけるB、C及び...

    【事 例】 (1)相続人 Aの相続人は、配偶者であるBと、子であるC...

  35. (76)遺留分に関する次の各記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものはどれか。

  36. (77)団体等に関する次の各記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものはどれか。

  37. (78)契約の第三者に対する効力に関する次のアからオまでの各記述のうち、判...

    ア.建物建築工事請負契約において、注文者と請負人との間に、契約が中...

《短答式》刑法

  1. (79)次の【見解】に関する後記の選択肢の各【記述】のうち、誤っているもの...

    【見 解】 間接正犯については、被利用者の行為時に実行の着手を認める...

  2. (80)略取、誘拐及び人身売買の罪に関する次のアからオまでの各記述を判例の...

    ア.営利の目的で未成年者を買い受けた場合、未成年者買受け罪のみが成...

  3. (81)次のアからオまでの各記述を判例の立場に従って検討した場合、正しいも...

    ア.甲は、乙を殺害する目的で、乙を含む複数の者の飲用に供されている...

  4. (82)各種偽造の罪に関する次の各記述を判例の立場に従って検討した場合、正...

  5. (83)正当防衛及び緊急避難に関する次の各記述を判例の立場に従って検討し、...

  6. (84)わいせつ物頒布等の罪に関する次のアからオまでの各記述を判例の立場に...

    ア.インターネットを介した書籍販売業を営む甲は、日本語で書かれたわ...

  7. (85)次の【記述】中の①から④までの( )内から適切な語句を選んだ場合、そ...

    【記 述】  被害者の同意が問題となる場合としては、一般に以下のよう...

  8. (86)不法領得の意思に関する次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場...

    甲は、町議会議員選挙に際し、特定の候補者を当選させるため、後日その...

  9. (87)不法領得の意思に関する次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場...

    A市建設部長である甲は、不正工事の発覚を恐れ自宅に隠匿する目的で、...

  10. (88)不法領得の意思に関する次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場...

    甲は、自宅で分解して売却できそうな部品を中古部品屋に売却する目的で...

  11. (89)不法領得の意思に関する次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場...

    新聞購読料の集金業務に従事する甲は、購読料として集金した現金を遊興...

  12. (90)不法領得の意思に関する次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場...

    甲は、乙宛てに送達されてきた支払督促状を乙に成り済まして受領して廃...

  13. (91)没収と追徴に関する次のアからオまでの各記述を判例の立場に従って検討...

    ア.主物を没収するときは、その従物も没収できる。 イ.判決により...

  14. (92)信用及び業務に対する罪に関する次の各記述を判例の立場に従って検討し...

  15. (93)次の【事例】に関する後記アからエまでの各【記述】を判例の立場に従っ...

    【事 例】  土木作業員甲及び乙は、現場監督者丙の監督の下で、X川に...

  16. (94)次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場合には○を、誤っている場...

    甲は、自転車Aが、乙が自ら窃取した自転車Bからサドルを取り外し、乙...

  17. (95)次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場合には○を、誤っている場...

    甲は、盗品であると知りつつ、窃盗犯人乙から依頼を受けて保管していた...

  18. (96)次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場合には○を、誤っている場...

    甲は、刑法第41条の刑事未成年である乙が窃取した物を、盗品であると...

  19. (97)次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場合には○を、誤っている場...

    甲は、親族関係にない窃盗犯人乙から盗品の保管を依頼された。甲は、同...

  20. (98)次の記述を判例の立場に従って検討し、正しい場合には○を、誤っている場...

    甲は、妻乙が、親族関係にない窃盗犯人丙から盗品であると知りつつ購入...

  21. (99)責任能力に関する次の各記述を判例の立場に従って検討し、正しいものを...

  22. (100)犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪に関する次のアからオまでの各記述を判例の立...

    ア.犯人の親族が当該犯人の利益のために犯人蔵匿罪を犯したときは、当...

  23. (101)次の各記述を判例の立場に従って検討した場合、正しいものはどれか。

  24. (102)次の【見解】に関する後記アからオまでの各【記述】のうち、正しいもの...

    【見 解】 横領罪の目的物は、犯人が占有する他人の物であり、物の給付...

  25. (103)次のアからオまでの各事例における甲の罪責について、判例の立場に従っ...

    甲は、会社事務所内において現金を窃取して、戸外に出たところを警備員...

  26. (104)次のアからオまでの各事例における甲の罪責について、判例の立場に従っ...

    甲は、行使の目的で、カラープリンターを用いて、複写用紙に真正な千円...

  27. (105)次のアからオまでの各事例における甲の罪責について、判例の立場に従っ...

    甲は、通行中の乙に因縁を付けて乙から現金を脅し取ろうと考え、乙に対...

  28. (106)次のアからオまでの各事例における甲の罪責について、判例の立場に従っ...

    甲は、知り合いの女性乙を自己が運転する自動車に乗せて同車内において...

  29. (107)次のアからオまでの各事例における甲の罪責について、判例の立場に従っ...

    甲は、会社事務所にある現金を窃取する目的で、門塀に囲まれ、警備員が...

  30. (108)名誉毀損罪に関する次の各記述を判例の立場に従って検討した場合、正し...

  31. (109)学生A、B及びCは、次の【事例】における甲の罪責について、後記【会...

    【事 例】 甲は、乙がVに対して暴行を加えていたところに通り掛かり、...

  32. (110)次の【事例】に関する後記の選択肢の各【記述】を判例の立場に従って検...

    【事 例】  甲は、覚せい剤の密売人である乙から、偽造した1万円札と...