平成28年度(2016年)本試験 過去問一覧

必要があれば、原子量は次の値を使うこと。

H  1.0
C  12
N  14
O  16
Na 23
Cl 35.5

実在気体とことわりがない限り、気体はすべて理想気体として扱うものとする。

章・科目一覧

章なし

  1. (1)アルゴン原子と電子配置が同じイオンはどれか。正しいものを、次の選択...

  2. (2)図1は面心立方格子の金属結晶の単位格子を示している。この単位格子の頂...

  3. (3)過酸化水素の分解によって発生した酸素を、水上置換でメスシリンダ内に...

  4. (4)図2は、ある純溶媒を冷却したときの冷却時間と温度の関係を表したもので...

  5. (5)ある金属Mの単体の密度は7.2g/cm³であり、その1.0cm³には8.3×10²²個のM...

  6. (6)浸透圧に関する記述として誤りを含むものを、次の選択肢のうちから一つ...

  7. (7)アセチレンからベンゼンができる次の熱化学方程式の反応熱Qは何kJか。最...

    3C₂H₂C(気)=C₆H₆C(液)+Q〔kJ〕

  8. (8)物質の変化とエネルギーに関する記述として誤りを含むものを、次の選択...

  9. (9)次に示す4種類の気体ア〜エをそれぞれ完全燃焼させ、同じ熱量を発生させ...

    ア メタン イ エタン ウ エチレン(エテン) エ プロパン

  10. (10)0.016mol/Lの酢酸水溶液50mLと0.020mol/Lの塩酸50mLを混合した溶液中の...

  11. (11)気体X,Y,Zの平衡反応は次の熱化学方程式で表される。

    αX=bY+bZ+Q〔kJ〕 密閉容器にXのみを1.0mol入れて温度を一定に保った...

  12. (12)物質Aを溶かした水溶液がある。この水溶液を2等分し、それぞれの水溶液...

    MnO₄⁻+8H⁺+5e⁻ → Mn²⁺+4H₂O Cr₂O₇²⁻+14H⁺+6e⁻ → 2Cr3⁺+7H₂O

  13. (13)水素に関する記述として誤りを含むものを、次の選択肢のうちから一つ選べ。

  14. (14)金属単体や合金に関する記述として[ ]に誤りを含むものを、次の選択...

  15. (15)図1に示すNaClからNa₂C0₃を合成する方法について、下の問いに答えよ。

    図1の[ 3 ]に当てはまる操作として最も適当なものを、次の選択肢...

  16. (16)図1に示すNaClからNa₂C0₃を合成する方法について、下の問いに答えよ。

    図1の[ 4 ]に当てはまる操作として最も適当なものを、次の選択肢...

  17. (17)図1に示すNaClからNa₂C0₃を合成する方法について、下の問いに答えよ。

    10kgの化合物Aから最大何kgのNa₂C0₃が得られるか。最も適当な数値を、次...

  18. (18)図2に示した周期表の元素ア〜サに関する記述として誤りを含むものを、下...

  19. (19)Al³⁺,Ba²⁺,Fe³⁺,Zn²⁺を含む水溶液から、図3の実験により各イオンをそ...

  20. (20)不純物を含む鉄ミョウパン(FeK(SO₄)₂・12H₂0)の固体5.40gをすべて水に...

    ただし、不純物は沈殿を生成しないものとし、すべての硫酸イオンは硫酸...

  21. (21)有機化合物の構造に関する記述として[ ]に誤りを含むものを、次の選...

  22. (22)フェノールまたはナトリウムフエノキシドの反応に関して、実験操作と、...

  23. (23)1種類の不飽和脂肪酸(RCOOH,Rは鎖状の炭化水素基)からなる油脂A5.00×...

  24. (24)次の化合物は植物精油の成分の一つである。この構造式で示される化合物...

  25. (25)図1は、ある気体の発生を観察するための実験装置である。ふたまた試験管...

  26. (26)高分子の性質や用途に関する記述として誤りを含むものを、次の選択肢の...

  27. (27)糖に関する記述として[ ]に誤りを含むものを、次の選択肢のうちから...

  28. (28)アクリロニトリル(C₃H₃N)とブタジエン(C₄H₆)を共重合させてアクリロ...

  29. (29)次の高分子化合物ポリメタクリ酸メチルの原料(単量体)として最も適当...

  30. (30)次の高分子化合物ナイロン6の原料(単量体)として最も適当なものを、下...

  31. (31)グリシン(C₂H₅NO₂)3分子からなる鎖状のトリペプチド中に含まれる窒素の...

  32. (32)DNA中の4種類の塩基は、分子間で水素結合を形成して対となり、二重らせ...