全部で450問 挑戦中

地域福祉の理論と方法

問題

介護保険制度と地域福祉

介護保険制度と地域福祉に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 「生活支援コーディネーター」(地域支え合い推進員)は、専門職として社会福祉協議会に配置されなければならない。

    • 包括的支援事業の中には、地域包括支援センター以外の主体にも委託できるものがある。

    • 地方公共団体は、被保険者が住み慣れた地域で自立生活を営めるよう、その求めに応じて居住先を確保しなければならない。

    • 「新しい総合事業」(介護予防・生活支援サービス事業)は、単一の主体が独占的にサービスを提供することが想定されている。

    • 市町村が地域ケア会議を開催する際には、当該地域の住民を参加させなければならない。