全部で29問 挑戦中

生保顧客資産相談業務

問題

次の設例に基づいて、下記の各問に答えなさい。

次に、Mさんは、Aさんに対して、生命保険の見直しについて説明した。Mさんが説明した次の記述について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
「遺族に必要な資金額の補てんとして、葬儀費用や教育費等は終身保険および定期保険特約の一時金を、遺族の生活費は収入保障特約の年金額を充当するという考え方があります。必要保障額の逓減に合わせて、保険料の支払額を抑制しつつ、過不足のない適正額の死亡保障を準備することをお勧めします」
  • (1)

    •  ○ 

    •  ×