全部で34問 挑戦中

章なし

問題

潮汐(ちょうせき)に関する次の文章を読み、下の問いに答えよ。

月による地球上の潮汐は、地球のある地点における月からの引力と、共通重心周りの公転による遠心力との合力(起潮力)によって、海面が昇降する現象である。地球表面における月に近い側と遠い側を比べると、その公転による遠心力は[ ウ ]、月の引力は月に近い側で[ エ ]。同様のことは、[(d)地球と太陽との関係 ]によっても生じる。潮汐は、水深に比べて非常に長い波長を持った水の波と考えることができ、[(e)その波の伝わる速さは水深に依存する。]
上の文章中の[(d)]に関連して、月と太陽の両方に関わる潮汐の一般的な特徴について述べた次の文a・bの正誤の組合せとして最も適当なものを、下の選択肢のうちから一つ選べ。

a 満月の時は、地球から見て月と太陽が反対の方向にあり、それぞれの起潮力が打ち消し合って潮差は小さくなる。
b 上弦の月の時は、地球から見て月と太陽が直角の方向にあり、それぞれの起潮力が合わさって、1日1回満潮が起こる。
  • (1)

    • a:正 b:正

    • a:正 b:誤

    • a:誤 b:正

    • a:誤 b:誤