全部で43問 挑戦中

リスク管理

  • 第三分野の保険の商品性

    5%

※数字(%)は出題頻度

第三分野の保険等の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  • (1)

    • 先進医療特約では、支払対象となる先進医療は、当該特約の契約時において厚生労働大臣が承認しているものとされている。

    • 特定(三大)疾病保障定期保険では、保険期間中、特定疾病保険金の支払事由が発生せずに、被保険者が所定の高度障害状態になった場合、高度障害保険金が支払われる。

    • リビング・ニーズ特約では、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合、所定の範囲内で死亡保険金の一部または全部を請求することができる。

    • 介護保険では、保険金の支払事由となる要介護認定が、各保険会社所定の基準で行われる商品のほかに、公的介護保険の要介護認定に連動して行われる商品もある。

解説

解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    先進医療特約では、療養を受けた日に先進医療の対象となっていれば補償対象になる。
出題頻度について
  • ・出題頻度は出題数÷公開中のテスト数となっています。
  • ・出題頻度が50%なら、テストで2回に1回は出題されることになります。
  • ・出題頻度が100を超える場合は、テストで1回以上必ず出題されることになります。