全部で45問 挑戦中

【薬学理論】薬理

問題

薬理

全身麻酔薬、麻酔補助薬及び催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  • (1)

    • プロポフォールは、メラトニン受容体を選択的に刺激し、催眠作用を示す。

    • チアミラールは、γ-アミノ酪酸 GABAᴀ受容体のバルビツール酸結合部位に作用し、細胞外への Cl⁻流出を促進する。

    • レミフェンタニルは、血液中の非特異的エステラーゼにより速やかに代謝されるため、作用持続時間はモルヒネよりも短い。

    • ゾルピデムは、γ-アミノ酪酸 GABAᴀ受容体の α₁サブユニット(ω₁受容体)に選択的に作用し、催眠作用を示す。

    • エスタゾラムは、セロトニン 5-HT₁ᴀ受容体に部分刺激薬として作用し、催眠作用を示す。