全部で45問 挑戦中

【薬学理論】薬理

問題

薬理

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  • (1)

    • サルブタモールは、アドレナリン α₁受容体を選択的に刺激して、血管平滑筋を収縮させる。

    • クレンブテロールは、アドレナリン α₂受容体を選択的に刺激して、血管平滑筋を弛緩させる。

    • ドブタミンは、アドレナリン β₁受容体を選択的に刺激して、心筋収縮力を増大させる。

    • チモロールは、アドレナリン α₁受容体を選択的に遮断して、眼圧を低下させる。

    • フェニレフリンは、アドレナリン α₁受容体を選択的に刺激して、散瞳を引き起こす。