全部で60問 挑戦中

【薬学理論】衛生

問題

衛生

6種類の有機化合物を水に溶解し、生物化学的酸素要求量(BOD)(注1)及び2種類の測定法による化学的酸素要求量(COD)を求めた。下表は、この BOD とCOD を、理論的酸素要求量(注2)に対する割合(%)として示したものである。この表から考えられる記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

(注1) BOD は、試料に植種水を加え、20℃、5日間に消費された溶存酸素量(DO)の値から求めた。
(注2) 理論的酸素要求量とは、化合物 1g が酸化されて CO₂及び H₂Oに分解されるのに必要な酸素消費量(g)を示す。ただし、窒素化合物中のアミノ基はNH₃に分解されるものとして算出した。
  • (1)

    • BODと CODの間には、有機化合物の種類にかかわらず、比例関係が認められる。

    • 酸性高温過マンガン酸法では、糖質はカルボン酸やアミノ酸に比べ、酸化されにくい。

    • 2種類の COD の測定法のうち、二クロム酸法の方が有機化合物の種類にかかわらず、強い酸化力を示す。

    • この実験に用いた植種水中の微生物は、6種類の化合物のうち、酢酸に対して最も高い酸素消費量(g O/g)を示す。

    • 湖沼から採取した試料水にグリシンが大量に含まれる場合には、酸性高温過マンガン酸法による COD が、その試料水の酸素消費量を最も良く反映する。