全部で40問 挑戦中

【薬学理論】物理

  • 物理

    700%

※数字(%)は出題頻度

ある受容体(R)に結合するリガンド(L)があり、Lは R と 1:1で結合する。この平衡反応の解離定数(Kd)を 1μM とする。1μM の R が存在しているところに Lの濃度が[ ア ]μM となるように添加したとき、平衡状態において全受容体のうち Lが結合した受容体の割合は 20%となった。[ ア ]にあてはまる数値に最も近いのはどれか。1つ選べ。ただし、系の体積変化は無視できるものとする。

  • (1)

    • 0.25

    • 0.45

    • 0.50

    • 0.75

    • 0.80

出題頻度について
  • ・出題頻度は出題数÷公開中のテスト数となっています。
  • ・出題頻度が50%なら、テストで2回に1回は出題されることになります。
  • ・出題頻度が100を超える場合は、テストで1回以上必ず出題されることになります。