全部で20問 挑戦中

【薬学理論】物理

問題

物理

球状高分子の半径 r (m)の逆数 r⁻¹と水中での拡散係数 D (m²・s⁻¹)の間にグラフのような関係が成り立つとする。いま、半径 r の球状高分子Aの拡散係数Dᴀが 10.0× 10⁻¹m²・s⁻¹であったとき、半径 2.5r の球状高分子Bの拡散係数Dв(m²・s⁻¹)に最も近いのはどれか。1つ選べ。

  • (1)

    • 1.6× 10⁻¹

    • 4.0× 10⁻¹

    • 10.0× 10⁻¹

    • 25.0× 10⁻¹

    • 62.5× 10⁻¹