全部で20問 挑戦中

【薬学実践】薬剤

問題

薬剤

58歳男性。手術不能の直腸がんと診断され、以下に示すレジメンに従った化学療法を施行することとなった。

患者の検査値を確認したところ、血中間接ビリルビン値が 2.8mg/dLと高値を示すが、直接ビリルビン値は正常範囲内であった。患者と面談したところ、以前他院にて体質性黄疸と診断されたが、特に治療は行っていないことが判明した。処方薬の副作用を予測するために、推奨すべき遺伝子診断の対象となる遺伝子はどれか。1つ選べ。
  • (1)

    • ALDH2

    • CYP2C19

    • CYP2D6

    • NAT2

    • UGT1A1