全部で10問 挑戦中

【薬学実践】生物

問題

日焼け

50歳男性。薬局に処方箋とお薬手帳を持参した。初回面談の際、屋外でのスポーツやレジャーに使用する日焼け止めの相談があった。この男性は、今まで日焼け止めを使用したことがなく、海水浴の後は肌が赤くなり、ほてりや痛みを感じ、水疱ができるとのことであった。

この男性が海水浴の際に経験した皮膚症状を含め、日焼けに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。
  • (1)

    • 海水浴後に生じる紅斑には、炎症性メディエーターによる血管収縮が関わる。

    • 紫外線曝露による色素沈着は、主として肥満細胞におけるメラニンの産生増強による。

    • メラニンは、チロシンから生合成される。

    • 色素沈着は、通常、紅斑・水疱が生じる前に起こる。

    • 紫外線曝露は、DNA鎖上にピリミジン二量体を生じさせる。