全部で15問 挑戦中

【薬学実践】化学

  • 化学

    720%

※数字(%)は出題頻度

22歳女性。体重 45kg。アセトアミノフェンを含有するOTC医薬品を大量に服用し、救急搬送されてきた。服用後約4時間が経過しており、アセトアミノフェンの摂取量から、解毒薬としてアセチルシステイン内用液 17.6%の投与が必要と判断された。

アセトアミノフェンが大量投与された際に生じる代謝物Aは、グルタチオンとの間で付加体を生じる。この付加体の構造式として最も適切なのはどれか。1つ選べ。
1509770478_7ebe9010d989ee87395104816b77537e6ba613c6.png
  • (1)

    •  1 

    •  2 

    •  3 

    •  4 

    •  5 

出題頻度について
  • ・出題頻度は出題数÷公開中のテスト数となっています。
  • ・出題頻度が50%なら、テストで2回に1回は出題されることになります。
  • ・出題頻度が100を超える場合は、テストで1回以上必ず出題されることになります。