全部で45問 挑戦中

【必須】病態

問題

病態

がん性疼痛の病態及び薬物治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

  • (1)

    • 速放性製剤のレスキュー投与は、突出痛に対して用いられる。

    • WHO方式がん疼痛治療法では、痛むときに素早く鎮痛薬を投与することを基本とする。

    • 骨転移による限局的な鋭い痛みのほとんどは、神経障害性疼痛に分類される。

    • 軽度の痛みであっても、アセトアミノフェンは用いない。

    • 口腔粘膜吸収フェンタニル製剤は、過量投与による呼吸抑制を起こさない。