全部で31問 挑戦中

地域福祉の理論と方法

問題

事例を読んで,A福祉活動専門員の取組として,適切なものを2つ選びなさい。

〔事例〕
N市の人口は,約5万人であり,市内には,8小学校と3中学校がある。地域福祉活動計画の策定委員会において,地域福祉活動には大人だけでなく小・中学生の参加も得るべきではないかという意見が出された。そこで,計画策定業務を担当する社会福祉協議会のA福祉活動専門員は対応策を検討することにした。

1 全小・中学校を対象に実施するのは困難だと考え,知り合いの子どもを集めて懇談会を開催することにした。

2 子どもの意見を計画に反映させるには無理があるので,まずは各校のPTAの役員会に出席し,保護者の意見を聴取することにした。

3 教育委員会に説明し,校長の同意を得て,各校で子ども懇談会の開催について案内してもらうとともに,社協の広報紙でも参加者を募集した。

4 子ども懇談会では,あらかじめ論点の優先順位を決定し,計画の構成に即して話し合ってもらうことにした。

5 子ども懇談会では,子どもの意見を聞くだけでなく,計画の実現のための活動につなげていけるようにすることが重要である。
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5