全部で20問 挑戦中

社会理論と社会システム

問題

社会問題の捉え方に関する次の記述のうち,構築主義的なアプローチとして,正しいものを 1 つ選びなさい。

1 社会がどうあるべきかについては,多くの人々に共有されている規範が存在するので,これに反するものが社会問題と認識される。

2 社会は統一されたシステムを成しているので,その目標達成にとってマイナスに働く事象は,社会問題と認識される。

3 社会問題とは,客観的に実在し,誰の目にも明らかな現実として存在するものである。

4 社会問題とは,専門家でなければ可視化できないような,現代社会におけるリスクのことである。

5 社会問題とは,自明なものとして存在するのではなく,人々が主張することを通して認識される問題である。
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5