全部で21問 挑戦中

相談援助の基盤と専門職

問題

日本におけるソーシャルワークの形成過程に関する次の記述のうち,適切なものを1つ選びなさい。

1 大正期には,公営のセツルメントが誕生し活動を展開した。

2 昭和初期から第二次世界大戦中には,感化救済事業が活発化した。

3 第二次世界大戦直後には,社会福祉教育の実践が連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指示で中断された。

4 高度経済成長期には,エビデンスに基づくソーシャルワークのあり方が重視された。

5 社会福祉基礎構造改革時には,ソーシャルワークの統合化の考え方が外国から初めて紹介された。
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5