全部で20問 挑戦中

権利擁護と成年後見制度

問題

福祉施設・職員の行為に関する次の記述のうち,その適否を考えるに当たり,憲法13条の人格権やプライバシー権が直接の根拠となるものとして,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者が信じる宗教の経典の持ち込みを禁止すること

2 利用者が拒否する作業を強要すること

3 利用者の承諾なしに施設の案内パンフレットにその顔写真を掲載すること

4 利用者の承諾なしに施設協力費を預り金から徴収すること

5 利用者が施設批判をしたことを理由に退所を求めること
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5