全部で20問 挑戦中

権利擁護と成年後見制度

問題

日常生活自立支援事業に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 精神障害者保健福祉手帳を所持していなければ,この事業を利用することができない。

2 この事業の実施主体は,利用者が不適切な売買契約を実施した場合,それを取り消すことができる。

3 この事業の契約期間を定めた場合,利用者は期間の途中で解約できない。

4 住民票の届出に関する援助は,この事業の対象外である。

5 福祉サービスについての苦情解決制度の利用援助を行うことは,この事業の対象となる。
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5