全部で20問 挑戦中

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

問題

事例を読んで,A子に対する児童相談所の援助方針として,次のうち最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事 例〕
A子(18歳)は,高校入学を機にU児童養護施設から母親に引き取られた。しかし,家庭内が落ち着かないため深夜徘徊したり,学業不振や欠席が続き,最近,高校を中退した。これを知った母親の内縁男性がA子を殴り,鼻骨骨折を負わせたが,親権者である母親はA子に対し,「殴られて当然」「あなたが反省すべきだ」と主張した。そこで,A子は児童相談所に相談し,「いつも男性に殴られていた」「母は守ってくれないから,男性がいる家では暮らしたくない」「働いて自立したい」と訴えた。

1 成年に達するまでは,自宅で生活するよう説得する。

2 配偶者暴力相談支援センターを紹介する。

3 児童自立生活援助事業の活用を図る。

4 U児童養護施設に再入所させる。

5 更生保護施設に入所させる。
  • (1)

    • 1

    • 2

    • 3

    • 4

    • 5