全部で20問 挑戦中

《短答式》民法

問題

遺贈に関する次のアからオまでの各記述のうち、誤っているものを組み合わせたものは、後記の選択肢のうちどれか。

ア.遺贈は、相続人に対してすることができない。

イ.包括遺贈を受けた者は、相続財産に属する債務を承継する。

ウ.受遺者が遺言者より先に死亡した場合は、遺言者が遺言において別段の意思を表示していない限り、受遺者の相続人が遺贈を受ける権利を相続する。

エ.遺言者が遺言において別段の意思を表示していない限り、受遺者は、遺贈の履行を請求することができる時から果実を取得する。

オ.遺贈の承認及び放棄は、撤回することができない。
  • (1)

    • ア ウ

    • ア オ

    • イ ウ

    • イ エ

    • エ オ