全部で20問 挑戦中

《短答式》憲法

問題

合憲限定解釈に関する次のアからウまでの各記述について、正しいものには○、誤っているものには×を付した場合の組合せを、後記の選択肢の中から選びなさい。

ア.合憲限定解釈に対しては、立法者の意思を超えて法文の意味を書き換えてしまう可能性があり、立法権の簒奪につながりかねないという問題がある。

イ.合憲限定解釈に対しては、当該解釈が不明確であると、犯罪構成要件の保障的機能を失わせ、憲法第31条違反の疑いを生じさせるという問題がある。

ウ.判例は、集会の自由の規制が問題となった広島市暴走族追放条例について、条例の改正が立法技術上困難でないから、あえて合憲限定解釈をする必要はないとした。
  • (1)

    • ア○ イ○ ウ○

    • ア○ イ○ ウ×

    • ア○ イ× ウ○

    • ア○ イ× ウ×

    • ア× イ○ ウ○

    • ア× イ○ ウ×

    • ア× イ× ウ○

    • ア× イ× ウ×