全部で10問 挑戦中

精神保健福祉の理論と相談援助の展開

問題

次の事例を読んで、問いに答えなさい。
〔事 例〕
Eさん(15歳、女性)は、中学2年生の夏より不登校傾向が強まっていた。3年生になり、周囲の同級生の間で進学先の話題が増え、三者面談が始まる中で、将来への不安が増大して悲観的に考えるようになった。そして、2学期から全く登校しなくなり、部屋にひきこもるようになった。そこで、W中学校では市の教育委員会に配置されたスクールソーシャルワーカーのF精神保健福祉士の派遣を依頼した。
F精神保健福祉士はW中学校を訪れ、担任や校長からEさんに関する情報収集を行った。その後、F精神保健福祉士による家庭訪問が始まった。初回の家庭訪問を担任と一緒に行ったが、本人は自室に鍵をかけ出てこなかった。母親との面談から、親子間の会話も少なく、オンラインゲームに熱中し、ゲームへの課金による多額の請求がきていることなどが分かった。また、父親がうつ病で入院していることも分かった。

次の記述のうち、この時点でのF精神保健福祉士の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
  • (1)

    • インターネットの接続を遮断するよう提案する。

    • 父親の病状について主治医から説明を受ける。

    • 母親へクラスの様子等の情報を提供するよう担任に促す。

    • Eさんの部屋の鍵を開けてもらうよう依頼する。

    • 親子関係の再構築のための助言をする。