全部で30問 挑戦中

(共通)地域福祉の理論と方法

問題

地域における福祉ニーズの質的な把握方法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 福祉ニーズの多様性を把握するには、半構造化面接よりも構造化面接の方が適している。

    • グループインタビューは、対象者の考えが他の参加者の意見に左右されるため、個別ニーズ把握が難しく、避けた方がよい。

    • 個別インタビューは、自宅などの日常生活空間ではなく、静穏な環境である面接室などの方が必要な情報が得られやすい。

    • 個別インタビューの録音は、対象者の抵抗感や警戒感を招くため避けるべきである。

    • 住民懇談会は平日だけではなく、日曜・祝日にも開催するなどして、多くの住民の参加を得て福祉ニーズを集約する。