全部で21問 挑戦中

(共通)障害者に対する支援と障害者自立支援制度

問題

障害児者福祉制度の歴史的展開に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「障害者差別解消法」とは、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」のことである。
  • (1)

    • 精神薄弱者福祉法(1960年(昭和35年))において、ノーマライゼーションの促進が目的規定に明記された。

    • 重度精神薄弱児扶養手当法(1964年(昭和39年))の制定当初から、重度身体障害児も支給対象とされていた。

    • 国際障害者年(1981年(昭和56年))を契機として、重症心身障害児施設が制度化された。

    • 障害者自立支援法(2005年(平成17年))により、身体障害者福祉法は廃止された。

    • 「障害者差別解消法」(2013年(平成25年))では、「障害者」について、障害者基本法と同様の定義がなされた。