全部で21問 挑戦中

(共通)社会保障

問題

事例を読んで、Cさんに支給される老齢基礎年金額として、正しいものを1つ選びなさい。

〔事例〕
昨年3月に65歳になったCさん(独身)は、翌4月から老齢基礎年金の支給を受けている。Cさんの国民年金の被保険者期間は40年間で、そのうち34年間は、保険料納付済期間であり、残りの6年間は、生活保護法による生活扶助を受け、保険料の全額について、法定免除されていた。
ただし、本年度の満額の老齢基礎年金額は、772,800円であり、年金額の計算で端数が生じたときは、50円未満は切り捨て、50円以上は100円に切り上げる。また、Cさんが、免除を受けていた期間は2008年度以前であり、免除期間についての国庫負担割合は3分の1として評価、計算する。なお、免除された保険料の追納はしていない。
  • (1)

    • 386,400円(満額の老齢基礎年金額の50%)

    • 618,200円(満額の老齢基礎年金額の約80%)

    • 656,900円(満額の老齢基礎年金額の約85%)

    • 695,500円(満額の老齢基礎年金額の約90%)

    • 772,800円(満額の老齢基礎年金額)