全部で45問 挑戦中

精神保健福祉相談援助の基盤

問題

相談員の対応

次の事例を読んで、問いに答えなさい。

〔事 例〕
 ある日、精神保健福祉センターに勤務するE精神保健福祉相談員(精神保健福祉士)(以下「E相談員」という。)のもとに、Fさん(35歳、女性)が相談に訪れた。来所目的を尋ねると、「夫のことで困っているんです。誰にも話せないと思っていましたが、裁判でお世話になった弁護士にこちらを紹介され、勇気を出して相談に来ました」と小さな声で話した。夫のGさん(35歳)は、薬物所持で起訴されて執行猶予の判決を受け、現在は仕事を辞めて自宅にいるという。E相談員は、「夫は相談に一緒に来ようともしないし、どうしてよいか分からない」と涙を流すFさんの話を聞いた。( 問題 )
 Fさんは、「これからどうなるか分からないけれど、夫のために、妻としてできることは頑張りたい」と話し、「二度と薬物に手を出さないよう、監視するのが妻の責任だと思います」と厳しい表情を見せた。このようなFさんに対して、E相談員は相談を継続することと、精神保健福祉センターで開催している心理教育を中心とした家族教室への参加を提案した。
 それから約3か月が経過したある日、Fさんは夫のGさんを伴って相談に訪れた。E相談員がGさんに来所の理由を尋ねると、「妻が非常に心配しているので、安心させるために仕方なく来ただけです。精神科病院では薬物依存症と診断されましたが、自分は病気だと思っていません。もう二度とクスリは使用しない自信もあるので、相談の必要は感じていないです」とぶっきらぼうに答えた。Fさんが家族教室に参加したり、E相談員との相談を繰り返す中でGさんも徐々に心を開き、「早く以前のように働いて妻を安心させたいけれど、今仕事を始めるとストレスがたまって、またクスリに逃げてしまう気がする。最近、気が付いたらクスリのことを考えているときがあり、正直このままやめ続ける自信がない」と複雑な思いを口にするようになった。

この段階のFさんに対するE相談員の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
  • (1)

    • 失業に伴う経済的な困窮を避けるため、早く就職させるよう伝えた。

    • これからのことを一緒に考えたいので、もう少し話を聞かせて欲しいと伝えた。

    • 直接話を聞きたいので、本人を連れてくるよう伝えた。

    • 再犯の可能性が高いので、早く離婚の手続きをとるよう伝えた。

    • 薬物依存症という病気であり、治療が必要であると伝えた。