全部で21問 挑戦中

(共通)福祉行財政と福祉計画

問題

厚生労働省が発表した「平成26年3月31日時点における地域福祉計画策定状況等の調査結果概要」に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

(注)「平成26年3月31日時点における地域福祉計画策定状況等の調査結果概要」とは、平成26年10月31日付け社援地発1031第3号「市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画の策定状況等調査の結果について」(厚生労働省社会・援護局地域福祉課長通知)のことである。
  • (1)

    • 全都道府県において、地域福祉支援計画が策定されていた。

    • 市町村地域福祉計画の市区部・町村部別策定状況については、町村部の方が市区部より「策定済み」である自治体が多かった。

    • 市町村地域福祉計画の策定効果があった事項として、「住民の地域福祉の理解が進んだ」への回答が、「地域の要望や課題が明らかになった」より多かった。

    • 市町村地域福祉計画を改定する際に要点となった事項及び新たに盛り込まれた事項として最も多く記載されたのは、「災害時要援護者支援方策」であった。

    • 市町村地域福祉計画評価等のための委員会を設置している市町村は、設置していない市町村より多かった。