全部で20問 挑戦中

運営・実務・会計

問題

仕訳

甲マンション管理組合の平成21年度(平成21年4月1日〜平成22年3月31日)の決算を迎えるに当たって、会計担当理事が未払金の内訳を検証したところ、既に工事が終了し、代金も支払済みであるはずのA工事業者に対する修繕工事費、10,000円が未払金残高として残っていることが判明した。会計担当理事が調査したところ、工事完了時に未払金が計上され、平成22年3月にA工事業者に対して現金で支払が行われていたが、支払時の仕訳において相手科目を修繕費としてしまったことが判明した。その場合の平成21年度決算に当たっての修正仕訳として適切なものはどれか。ただし、会計処理は発生主義の原則によるものとする。

  • (1)

    • (借方)修繕費10,000(貸方)未払金10,000

    • (借方)未払金10,000(貸方)現金預金10,000

    • (借方)未収金10,000(貸方)未払金10,000

    • (借方)未払金10,000(貸方)修繕費10,000