全部で141問 挑戦中

【午前】人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

  • 加齢・疾患

    40%

※数字(%)は出題頻度

加齢・疾患に伴う変化に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。

  • (1)

    • 細胞分裂を繰り返すと、テロメアは長くなる。

    • プログラム化された細胞死を、ネクローシスという。

    • 加齢に伴い、細胞内水分量は増加する。

    • 加齢に伴う臓器の萎縮を、廃用性萎縮という。

    • 脳血管疾患は、認知症の原因になる。

出題頻度について
  • ・出題頻度は出題数÷公開中のテスト数となっています。
  • ・出題頻度が50%なら、テストで2回に1回は出題されることになります。
  • ・出題頻度が100を超える場合は、テストで1回以上必ず出題されることになります。