全部で48問 挑戦中

在宅看護論

問題

Aさん(42歳、女性)は、2年前に筋萎縮性側索硬化症<ALS>の確定診断を受けた。夫(50歳)と長女(16歳)と自宅で過ごしている。Aさんは「なるべく口から食べるようにしたい」と話し、食事と併せて胃瘻から栄養剤の注入を行っている。要介護の認定を受け、訪問看護および訪問介護を利用している。食事の介助を行う夫から、訪問看護師に「介助の方法が良くないのか、妻はうまく飲み込めていません」と相談の電話があった。

Aさんは要介護5に区分が変更され、自宅で療養通所介護を利用することになった。退院後1か月、Aさんは療養通所介護の看護師に「ゆっくりお風呂に入ってみたい」と文字盤を使って話した。入浴を開始するにあたり、看護師と介護職員との間でカンファレンスを行うことになった。
検討する内容として優先順位が高いのはどれか。
  • (1)

    • 夫の介護負担

    • 座位の保持能力

    • 緊急時の対応方法

    • 入浴後の人工呼吸器の回路交換の方法

    • 入浴時の関節可動域<ROM>訓練の実施