全部で80問 挑戦中

成人看護学

問題

Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎と診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは 27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8〜10 回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎の再燃のため入院することになった。身長 158.2 cm、体重 40.2 kg。体温 38.3℃、脈拍 92/分、血圧 108/76 mmHg であった。血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球 9,800/μL、Hb 7.8 g/dL、アルブミン 2.5 g/dL、CRP 5.5 mg/dL。

入院後 10日、Aさんの状態は改善し、経腸成分栄養剤 300mL/日(1kcal/mL)が開始された。Aさんは「入院前も自分なりには気を付けていたつもりだったけど、また悪くならないようにするには退院後はどうしたらいいのかしら」と話した。
このときのAさんへの説明で最も適切なのはどれか。
  • (1)

    • 「仕事は今までどおりで大丈夫です」

    • 「下痢が続いたら炭水化物を減らしてください」

    • 「経腸成分栄養剤 600mL で1日分の栄養が確保できます」

    • 「悪化のきっかけになるようなことがなかったか一緒に考えてみましょう」