全部で10問 挑戦中

[午前]介護の基本

問題

2013 年(平成 25 年)の「国民生活基礎調査」(厚生労働省)に関する次の記述のうち,2004 年(平成 16 年)と 2013 年(平成 25 年)の 65 歳以上の者のいる世帯について,正しいものを 1 つ選びなさい。

  • (1)

    • 65 歳以上の者のいる世帯は,どちらも全世帯の 6 割を超えている。

    • 「親と未婚の子のみの世帯」は,2013 年(平成 25 年)は 2004 年(平成 16 年)に比べて減少している。

    • 「夫婦のみの世帯」は,2013 年(平成 25 年)は 2004 年(平成 16 年)に比べて減少している。

    • 「単独世帯」は,2013 年(平成 25 年)は 2004 年(平成 16 年)に比べて増加している。

    • 「三世代世帯」は,どちらも 65 歳以上の者のいる世帯の 3 割を超えている。

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    近年の人口動態を考えてみる。
    
    1,65歳以上の者がいる世帯は、6割は超えていない(2013年で45%程度)
    
    2,「親と未婚の子のみの世帯」は増加している
    
    3,「夫婦のみの世帯」は増加している
    
    4,「単独世帯」は増加しているので正しい。
    
    5,65歳以上の者がいる「三世代世帯」がどちらも3割超えているとは考えにくい。