全部で9問 挑戦中

[午前]人間の尊厳と自立

問題

Aさん(82歳,女性)は,アルバイト店員の息子(56歳)と二人暮らしである。Aさんは,3年前にアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’stype)と診断された。現在,要介護2と認定されて訪問介護(ホームヘルプサービス)と通所介護(デイサービス)を支給限度額まで利用している。Aさんは,身の回りのことに常に見守りや介助が必要であり,一人で外出して道が分からなくなり,何度も警察に保護されている。

訪問介護事業所が,アドボカシー(advocacy)の視点からAさんと息子を支援する場合の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 自分の食事も作ってほしいという息子の要望に,対応できないと断る。

      誤り。断るのは不適切。
    • 息子の外出時は,Aさんが部屋から出られないように施錠することを提案する。

      誤り。施錠することは権利の剥奪・虐待行為になる
    • Aさんと息子に相談の上,社会福祉協議会に見守りボランティアの派遣を働きかける。

      設問のとおり正しい
    • 息子に,市内に認知症家族の会があることを知らせる。

      誤り。
    • 町内会に,回覧板でAさんと息子の状況を詳しく知らせるように働きかける。

      誤り。情報を多くの人に公開することはアドボカシーの視点から不適切。