全部で36問 挑戦中

[午後]こころとからだのしくみ

問題

Fさん(72歳,男性)は数か月前から食欲不振があり,体重も減少した。市内の総合病院を受診したところ,末期の胃がん(gastric cancer)と診断され,緩和医療を受けることを勧められた。

Fさんの今の心情を,キューブラー・ロス(Kübler-Ross, E.)の提唱した心理過程の第1段階に当てはめた表現として,適切なものを1つ選びなさい。
  • (1)

    • 「病気を治すためなら,財産を全部使ってもいい」

    • 「なぜ私だけが病気になって,死ななければならないのか」

    • 「診断は何かの間違いで,とても信じられない」

    • 「死は誰にでも訪れる自然なことだから,受け入れよう」

    • 「末期がんなら,何をしてもどうせ無駄だ」

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    ▼キューブラー・ロスの5段階モデル
    第1段階:否認と孤立「何かの間違いだ」
    第2段階:怒り「どうして自分が!」
    第3段階:取り引き「神に願う」
    第4段階:抑うつ「神はいないのか」
    第5段階:受容「死ぬのは自然なことだ」
    
    よって、第1段階は「診断は何かの間違いで,とても信じられない」が適切。