全部で24問 挑戦中

[午後]発達と老化の理解

問題

加齢に伴う筋肉の変化に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

  • (1)

    • 70 歳代までは,筋肉量は維持される。

    • タンパク質をとることは,筋肉量の維持に有効である。

    • 高齢期になってからの運動は,筋肉量の増加には無効である。

    • 筋肉量の減少の主要な原因は,悪性腫瘍(malignant tumor)の合併である。

    • 筋肉量の減少は,下肢よりも上肢の方が顕著である。

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    1、誤り。筋肉は30代頃から減少する。
    
    2、正しい。
    
    3、誤り。運動は筋肉の維持・増量につながる
    
    4、誤り。年齢により減少する。悪性腫瘍は関係ない。
    
    5、誤り。下肢のほうが1.5倍以上減少が顕著である。