全部で10問 挑戦中

児童家庭福祉

問題

家庭的保育事業

次の文は、家庭的保育事業に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 家庭的保育者は、保育士資格もしくは幼稚園教諭免許を有していなければならない。

B 家庭的保育事業では、家庭的保育者と家庭的保育補助者がいる場合、4名までの子どもの保育を行うことができる。

C 原則として、連携を行う保育所、幼稚園、及び認定こども園を適切に確保し、必要な支援を受けることが定められている。

D 満3歳以上であっても、保育の必要が認められ、かつ幼児の保育体制等が整備される場合は、家庭的保育者による保育が可能である。
  • (1)

    • A:○ B:○ C:× D:×

    • A:× B:○ C:○ D:○

    • A:× B:○ C:○ D:×

    • A:× B:× C:○ D:○

    • A:× B:× C:× D:○