全部で20問 挑戦中

子どもの食と栄養

問題

幼児期の間食

次の文は、幼児期の間食に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 幼児は胃の容量が小さく消化機能も未熟であり、間食は1日3回の食事では摂りきれないエネルギーや栄養素を補う役割がある。

B 幼児期の間食の量は、1日の摂取エネルギーの 30〜40%を目安とするとよい。

C 「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)では、「菓子類・嗜好飲料」は、離乳期を完了してから与えるのが望ましいとされている。

D 「平成27年度乳幼児栄養調査結果の概要」(厚生労働省)のむし歯の有無別に間食の与え方をみると、「甘いものは少なくしている」と回答した者の割合は、「むし歯なし」に多くみられた。
  • (1)

    • A:○ B:○ C:○ D:○

    • A:○ B:× C:○ D:○

    • A:○ B:× C:○ D:×

    • A:○ B:× C:× D:×

    • A:× B:× C:○ D:×