全部で10問 挑戦中

ライフプランニングと資金計画

問題

次の各文章を読んで、正しいものまたは適切なものには「正しい」を、誤っているものまたは不適切なものには「誤り」を、解答用紙にマークしなさい。

公的介護保険の第1号被保険者が、公的介護保険の保険給付の対象となる介護サービスを受けた場合の自己負担割合は、その者の合計所得金額の多寡にかかわらず、1割である。
  • (1)

    • 正しい

    • 誤り

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    原則は1割だが、合計所得が160万円以上の場合、2割負担の場合がある。