全部で131問 挑戦中

相続・事業承継

問題

小規模宅地の特例

次の文章を読んで、正しいものまたは適切なものには「正しい」を、誤っているものまたは不適切なものには「誤り」を、解答用紙にマークしなさい。

相続人が相続により取得した宅地が「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」における貸付事業用宅地等に該当する場合、240㎡を限度面積として評価額の80%を減額することができる。
  • (1)

    • 正しい

    • 誤り

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    誤り。「200㎡」を限度面積として評価額の「50%」を減額。
    
    小規模宅地の特例:200㎡まで50%減額
    特定事業用宅地:400㎡まで80%減額
    特定居住用宅地:330㎡まで80%減額