全部で10問 挑戦中

生保顧客資産相談業務

問題

次の設例に基づいて、下記の各問に答えなさい。

最後に、Mさんは、Aさんに対して、Aさん夫婦の老後の年金収入を増やす各種制度の留意点について説明した。Mさんが説明した次の記述について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
「国民年金の第1号被保険者は、老後の年金収入を増やすために、確定拠出年金の個人型年金に加入することができます。ただし、確定拠出年金の個人型年金は、60歳になるまでの通算加入者等期間が10年以上なければなりませんので、Aさんおよび妻Bさんは加入することはできません」 
  • (1)

    •  ○ 

    •  ×