全部で20問 挑戦中

個人資産相談業務

問題

次の設例に基づいて、下記の各問に答えなさい。

Aさんの平成28年分の所得税および復興特別所得税の額を計算した下記の表の空欄ア〜ウに入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

※試験では記述式ですが、システム上選択式とさせて頂きます。
  • (1)ア

    • 380,000(円)

    • 1,978,500(円)

    • 12,750,00(円)

  • (2)イ

    • 380,000(円)

    • 1,978,500(円)

    • 12,750,00(円)

  • (3)ウ

    • 380,000(円)

    • 1,978,500(円)

    • 12,750,00(円)