全部で33問 挑戦中

個人資産相談業務

問題

次の設例に基づいて、下記の各問に答えなさい。

Aさんが、《設例》の条件等のとおり譲渡予定物件を譲渡し、購入予定マンションを購入して、「特定の居住用財産の買換えの場合の長期譲渡所得の課税の特例」の適用を受けた場合の課税長期譲渡所得金額に係る所得税、復興特別所得税および住民税の合計額を計算した次の〈計算式〉の空欄に入る最も適切な数値を求め、解答用紙に記入しなさい。なお、《設例》に記載されているもの以外の費用等はないものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
〈計算式〉
Aさんの持分に応じた金額明細
1 譲渡価額 8,000万円× 2 =4,000万円
概算取得費 4,000万円×( ア )%=□□□万円
譲渡費用 (90万円+260万円)×( イ )=□□□万円

※試験では記述式ですが、システム上選択式とさせて頂きます。
  • (1)ア

    • 1/2

    • 1/3

    • 1/4

  • (2)イ

    • 1/2

    • 1/3

    • 1/4