全部で10問 挑戦中

相続・事業承継

問題

土地の所有者の相続対策

土地の所有者の相続対策(相続税および贈与税の課税価格の低減)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  • (1)

    • 遊休地である宅地を青空駐車場として貸し付けることによって、その宅地は貸宅地として評価される。

    • 角地である一画地の宅地について、角地である宅地と角地ではない宅地とに分筆すれば、一体として利用していても、分筆後の評価額は一筆ごとの単位で評価される。

    • 更地となっていた宅地に賃貸マンションを建築し、賃貸の用に供し、現実に貸し付けていれば、その宅地は貸家建付地として評価される。

    • 子が、居住の用に供する宅地を親から贈与された場合、贈与税の申告の際、その宅地について「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けることができる。

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    1,誤り。青空駐車場の場合、自用地として評価される。借地権は発生しない。
    
    2,誤り。相続税の評価単位は1画地(利用地)ごと。分筆しても一体として利用しているなら一画地として評価される。
    
    3,正しい。
    
    4,誤り。小規模宅地の特例は、相続の場合に適用される。贈与では適用されない。