全部で210問 挑戦中

タックスプランニング

問題

分離課税の対象

次のうち、所得税において分離課税の対象となるものはどれか。

  • (1)

    • 賃貸マンションの貸付けに係る不動産所得

    • 金地金の売却に係る譲渡所得

    • 老齢基礎年金の受給に係る雑所得

    • 退職金の受給に係る退職所得

解説

教科書掲載ページ・解説はこの設問にすべて回答すると表示されます。

  • (1)
    退職金の受給に係る退職所得のみ分離課税。他の選択肢は総合課税。