全部で50問 挑戦中

相続・事業承継

問題

相続人・基礎控除・2割加算

平成28年8月に死亡したAの相続に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、Aの親族関係は下記のとおりである。Aには、婚姻外で生まれ、認知したFがおり、GおよびMはいずれもAの普通養子(特別養子縁組以外の縁組による養子)である。Eは、Aの相続開始前にすでに死亡している。また、Gは、Aから相続により財産を取得し、相続税額が算出されるものとする。

  • (1)

    • Iの法定相続分は、24分の1である。

    • 仮に、Dが相続の放棄をした場合、HがDに代わって相続人となる。

    • Aの相続における相続税額の計算上の遺産に係る基礎控除額は、6,600万円である。

    • Gは、相続税額の計算上、相続税額の2割加算の対象にならない。